ふかわ・くにくさ

法人名 医療法人社団あと会
施設名 ふかわ・くにくさ
施設住所 広島県広島市安佐北区上深川186番地1
TEL 082-840-1840
FAX 082-840-3666
施設長 山岡 義文
担当者 山下妙子・米浦幸介
連絡先 082-840-1840
HP http://www.kunikusa.or.jp/
施設情報 開設年月 平成16年10月1日
ユニットケア導入時期 平成16年10月1日
整備状況 新設
入居定員 100名
ショートステイ定員 空床利用
ショートユニットの形態  混合
本入居ユニット数 12ユニット
ショートユニット数
ユニットリーダーの平均年齢 34歳(平成29年4月1日現在)
人員配置(常勤換算) 1.9:1(平成29年4月1日現在)
人員配置
(常勤換算/医療職含め)
1.6:1(平成29年4月1日現在)
平均要介護度 3.1(平成29年4月1日現在)

施設の歴史・理念・概要など

地域初のユニット型老健として、平成16年10月1日に開設し、老健・ショートステイ・デイケア・訪問リハ・訪問看護・居宅介護支援事業等を運営。施設は広島市郊外に位置し、周囲は山に囲まれた緑の美しい田園地帯にあり、閑静で空気も澄み、四季折々の自然が楽しめる環境で、施設は自然の光、風、においを感じることができる家庭的な雰囲気を提供しています。職員は法人理念である“よろこび”“やすらぎ”のある“豊かな” 生活を提供する「3Yのこころ」をモットーに、入居者が自律した生活が出来るように支援しています。

ユニットケアへの想い

ユニットケアを開始した当初は、ユニットケアに対する理解が乏しいままでのケアを行っていました。ユニットリーダー研修を受講し仲間が増えていく中で、ケアの見直しをしようと言う声が上がり、職員全員で課外授業と称し、毎日2回、昼と夕に法人理念やユニットケア等について勉強会を2ヶ月間実施。結果、職員の意識に変化が見られるようになり、「どうしよう!こうしよう!」と考えることにつながり、入居者の望む生活はとケアが変わっていきました。それは、入居者、ご家族へと伝わり入居者の笑顔や言葉が増えた事、又、ご家族からの声かけが増えた事で職員は、やりがいを感じるとともに個別ケアの大切さを実感しています。今後は入居者、ご家族、職員が信頼関係を構築し、施設理念を念頭に「入居して残りの人生を楽しもう」と思っていただけるようにユニットケアに取り組んで行きます。

住まいとしてのふかわ
リビングは自宅と同じで、くつろぎの場となるよう家具や家電を配置しています

暮らしの一コマ
ユニットの中で入居者も一緒にちらし寿司作り。

地域の中のふかわ
地域住民も参加する秋まつり。神楽団をお招きし盛大に行います。

入居者と職員の様子
入居者の自宅に一緒に訪問。茶碗を一緒に選んでいます。

ページトップへ