天神荘

法人名 社会福祉法人 天神会
施設名 特別養護老人ホーム 天神荘
施設住所 岡山県笠岡市神島3626番地7
TEL 0865-67-4111
FAX 0865-67-2155
施設長 高田 美洋
担当者 石井 武志・藤谷 賀津子
連絡先 0865-67-4111
HP http://www.tenjinkai.org/
施設情報 開設年月 昭和56年6月17日
ユニットケア導入時期 平成18年9月28日
整備状況 移転改築
入居定員 110人
ショートステイ定員 10人
ショートユニットの形態  独立
本入居ユニット数 11ユニット
ショートユニット数 1ユニット
ユニットリーダーの平均年齢 37.5歳
人員配置(常勤換算) 1.88:1
人員配置
(常勤換算/医療職含め)
1.66:1
平均要介護度 4.1

施設の歴史・理念・概要など

当施設は、昭和56年6月創設。その後、一人ひとりの暮らしの継続を大切にできる住まいへの転換を期して、平成18年9月ユニット型施設に移転改築いたしました。
拠点内には、デイサービスセンター、居宅介護支援事業所、ホームヘルプサービスの事業所があります。また、同一法人で介護老人保健施設、ケアハウス、障害者支援施設、就労継続支援事業所なども設置経営しています。
地域福祉の拠点としてのトータルケアシステムを提供するとともに、地域包括ケアの担い手として地域に貢献してまいります。

ユニットケアへの想い

平成18年に移転改築しユニット型施設となりましたが、従来からのケアを引きずっていました。5年ほど経過した時、入居者の重度化が進む中で、皆様に暮らしの継続をお届けできる施設になろうとの想いから、ユニットケアについてもう一度理解を深めようと改めて勉強を始めました。
課題山積でした。職員全員が想いを共有できる施設理念の策定、固定配置のできる体制整備、ケアの考え方をまとめたマニュアルの作成、24時間シートの充実、新調理システム導入による食事形態の改善を行いました。また、クラブ活動や喫茶、居酒屋などを催すことで暮らしの充実に向けての取り組みも深めて参りました。少し時間はかかりましたが、一つずつ形にしています。
ユニットケアを学んで気づいたことは、ハードとソフトとシステムこのどれ一つが欠けても暮らしを支えることはできない。暮らしを支えるということは、すべての面でバランスのとれた施設経営を目指さなければならないということでした。  
職員理解が深まってくると意識が変わり、皆の行動が変わります。私たちは、入居者の個別ケアを実現しながら、あたりまえの暮らし、穏やかな時をお届けしてまいります。

住まいとしての天神荘
各居室は一人ひとりのプライベート空間、一歩出るとご近所さんとのお付き合いも広がります。

暮らしの一コマ
あなたらしく、穏やかな時をお過ごしください。

地域との交流・保育所の子供たちと
子供たちの訪問は活力の源です。

入居者と職員の様子
ちょっと一杯いかがですか。

ページトップへ