杜の風

法人名 社会福祉法人 永楽会
施設名 特別養護老人ホーム 杜の風
施設住所 〒981-3311 宮城県黒川郡富谷町富谷字桜田1-11
TEL 022-779-1580
FAX 022-779-1582
施設長 杉本 綾子
担当者 波間英治
連絡先 022-779-1580
HP http://www.eiraku.or.jp
施設情報 開設年月 平成13年6月1日
ユニットケア導入時期 平成13年6月1日
整備状況 創設
入居定員 50名
ショートステイ定員 10名
ショートユニットの形態  独立
本入居ユニット数 5ユニット
ショートユニット数 1ユニット
ユニットリーダーの平均年齢 36.5歳  
リーダー研修受講者7名在籍
人員配置(常勤換算) 1.88:1
人員配置
(常勤換算/医療職含め)
1.57:1
平均要介護度 3.76

施設の歴史・理念・概要など

平成11年、富谷町は「自分の親を入居させても後ろ髪をひかれない施設」「地域の人々が行きかう施設」を作りたいという想いをもって施設整備に着手しました。それを受けた宮城県からは「その想いは個室ユニット型でなければ叶わない」との指導を受け現在の設計にたどり着きました。しかし,当時は個室ユニット型の施設の運営については未知の世界に近い状態でしたので、法人では異例でありましたが、開設の10ヶ月前に準備室を設置し、勉強会を始めました。集団ケアの技術では対応できないと気づいたものの、その解釈に大きなギャップがありました。ギャップを埋めるための一つの手段として『杜の風基本理念』を作成し、運営方針やケアの基準を示し“サービス提供先行型ケア”から「個」を見つめ“自己実現に向けたケア”へと転換をしました。そこで感じたことは、従来型でのケアシステムでは対応できないということでした。ひとつ一つのケアを根底から見直し、杜の風ならではの“拘り”をもったケアの確立がきるよう日々試行錯誤しています。

ユニットケアへの想い

生活者一人ひとりが“その人らしく”生活できる場、「我が家」を目指して、毎日の生活支援をさせて頂いております。 その人らしい生活,寄り添うケアを「ケアシステム」として確立すること、そして、家族・地域社会・施設が三位一体とならなければ生活者の自己実現へ向けた自立的な生活が成り立たないと考えました。杜の風では、一方的なサービス提供型の従来のケアから脱皮し、自立支援や家庭的な生活支援を行っています。 生活者がいかに暮らしを満喫できるか、それがケアプランに反映されるべきだと考えます。出来ないことにフォーカスするのではなく、どんなことでも出来るこを見つけて、支援する、その場しのぎにしかならない介護ではない生活支援を目指しています。暮らしをケアの道具にし、ここで暮らす方々の些細な想いもしっかりと受け止め,入居者の方々が、明るく楽しい生活がおくれるよう、職員一人ひとりが、親身になって、安らぎのあるもうひとつの家庭作りをめざしています。

居酒屋の様子

鏡餅づくりの様子

交通安全街頭指導

生活の様子
寿司づくり

ページトップへ