眺峰園

法人名 社会福祉法人 島根県社会福祉事業団
施設名 特別養護老人ホーム 眺峰園
施設住所 島根県大田市川合町吉永1025番地1
TEL 0854-82-2830
FAX 0854-82-2986
施設長 窪田 恭子
担当者 藤原 昌子  今岡 祥子
連絡先 0854-82-2830
HP https://www.ssw.or.jp/facilities/seniors/chohoen
施設情報 開設年月 昭和49年9月
ユニットケア導入時期 平成23年4月
整備状況 移転改築
入居定員 70名
ショートステイ定員 10名
ショートユニットの形態  独立
本入居ユニット数 7ユニット
ショートユニット数 1ユニット
ユニットリーダーの平均年齢 40.0歳
人員配置(常勤換算) 1.7:1(平成29年4月1日現在)
人員配置
(常勤換算/医療職含め)
1.6:1(平成29年4月1日現在)
平均要介護度 4.1(平成29年4月1日現在)

施設の歴史・理念・概要など

 眺峰園は、昭和49年9月に島根県から業務委託され、入所定員100名の特別養護老人ホーム島根県立眺峰園として運営を開始しました。その後、平成12年の介護保険法施行を機に自主独立の道を歩むこととなり、併せて大規模修繕を実施し入居定員を70名へと変更しました。平成23年4月には大田市川合町吉永へと移転改築し、ユニットケアを開始することとなりました。眺峰園のユニットケア実践である“一人ひとりが、自分らしくふつうの暮らしを送ることができるようにサポートします”を合言葉に、さまざまな理由により自宅等から入居された方が、長年の暮らしで身につけられた生活のリズムや感覚を崩すことなく、できるだけ「家(うち)」に近い生活空間で、安心して自分らしい暮らし(ふつうの暮らし)を継続してもらうためのケアに努めていきます。

ユニットケアへの想い

 平成23年の改築にあたり、職員に「今の眺峰園に、自分の大切な人を入所させたいですか、また、自分が入所したいですか」というアンケートを行ったところ、全員が「ノー」と答えました。それはなぜなのかと意見を出し合い、「自分の大切な人に入ってもらいたい施設を創ろう」との思いから、個別ケアを目指し、ユニットケアを開始しました。改築時は、従来型のケアしか知らない職員がほとんどで、手探り状態ではありましたが、従来型からの脱却という熱い思いで、研修会や勉強会、話し合いを重ね、「一人ひとりの暮らしの継続」ができるケアを目指してきました。
 今後も、入居者様、家族に入居してよかったと思っていただけるように、生活の基本となる、食事、排泄、入浴などのケアをしっかりと行い、加えて、「楽しい」、「心地よい」と感じられる充実した時間を過ごしていただけるように、全職員で支援していきます。
*写真4枚と各々にタイトル・コメントをお願いいたします。

クラブ活動
お花クラブ 池坊流の先生に教えていただきます。             

お花見
今年もきれいに桜が咲きました。

ユニット活動
トマトの苗植え たくさんできるといいですね。

ページトップへ