神の園

法人名 社会福祉法人 カトリック京都司教区カリタス会
施設名 神の園
施設住所 〒619-0243 京都府相楽郡精華町南稲八妻笛竹41
TEL 0774-94-4125
FAX 0774-93-2305
施設長 齊藤 裕三
担当者 松尾 隆昭
連絡先 0774-94-4125
HP http://kami-home.jp/
施設情報 開設年月 平成15年10月
ユニットケア導入時期 平成15年10月
整備状況 改築移転
入居定員 90
ショートステイ定員 14
ショートユニットの形態  独立
本入居ユニット数
ショートユニット数
ユニットリーダーの平均年齢 リーダー研修受講者7名
33.125歳
人員配置
(常勤換算/医療職含め)
1.73:1 (平成27年2月現在)
平均要介護度 4.22 (平成27年2月現在)

施設の歴史・理念・概要など

特別養護老人ホーム神の園は、1972年に京都府の南部、相楽郡に初めてできた特別養護老人ホームです。現在は居宅介護事業等を含め精華町内で8事業を展開しています。特別養護老人ホームは2005年10月に改築移転しユニット型として再スタートしました。
施設理念は、どんなときも入居されている皆様のそばに居て、ひとりひとりの気持ちに寄り添い、共にありたいという思いから「どんなときも、あなたの苦しみ・悲しみ・喜びを共に感じ共に歩んでいきます」としました。
ひとりひとりの個性や生活習慣を大切にし「その人らしく」暮らしていただけるようサポートすることはもちろんですが、施設の1階をコミュニティカフェとして、様々な地域活動を展開するなど、地域の福祉の拠点として、子どもから高齢者までが自然に交流し、支え合えるコミュニティの創造を目指しています。

ユニットケアへの想い

神の園のユニットケアは、当初、制度として行政から与えられたものでした。開設準備の研修会の中で、「自分が、または自分の大切な人を入居させてもよいとか?」と聞いたところ、職員の答えは100%NO!でした。それから10年… 長い歴史の中でつくられてきた、従来の一斉介助、流れ作業的な仕事から脱却し、ひとりひとりに応じた個別ケアが行えるようになることは本当に難しいですね。
自分の考えを改める、職員ひとりひとりの意識が変わる、住まいとしての環境作り、ケアの方法、記録の仕方、組織や運営の仕組みなどなど、一年、一年、一歩、一歩進んできました。少し進んでは新たな課題に直面し、また取り組みをはじめる。そんな10年だったと思います。
これまで多くの方を施設で看取ってきました。ご入居の皆さんの人生の総仕上げの時期に出会えたことに感謝し、ここでの暮らしがより満ち足りたものとなるよう、豊かな関係性を育みながら、ご入居の皆様と共にこれらも少しずつ進み続けたいと思います。

住まいとしての神の園
家具を持ち込み自分でコーディネイト。必要な物を、手の届く所に置いて、便利に使えるように… それでこそ我が家!

暮らしの一コマ
毎日、お味噌汁をつくって下さいます。自宅と変わらぬ営みが、そこにはあります。お母さんいつもありがとう!

地域の中の神の園
神の園には、よく地域の子ども達が遊びにきてくれます。
『また遊びにきいや!』自然に笑顔がこぼれます。

利用者と職員の様子
共同作業は喜びを共感する「素」。いつか綺麗な花が咲いたとき、みんなで笑顔になれたらステキですね。

ページトップへ