「『より良いものを』を目指すために」(特別養護老人ホーム白浜日置の郷 久森岳) 

2017年10月16日 更新指導者

私は2年前にこの研修をうけました。
すでに自施設ではユニットリーダー実地研修施設でしたが自分自身「ユニットケアとは?」と聞かれても、正直答えられるような知識はありませんでした。私はリーダー研修を受ける前まで、「目的」と呼べるようなものがありませんでした。リーダー研修を初めて受けた時のことを今でも覚えています。周りの受講生のやる気や講師の方々の熱意が伝わり、自分自身、目指すべきものを発見できた気がしました。
研修から帰って、同じ気持ちを持つ仲間やリーダーとユニットケアについて話し合い意見を出し合ったことは、今でも良い思い出です。研修から戻り、一番最初にしたことは24Hシートの整理をしようと頑張っていました。あれから2年経ちますが今も「より良いもの」を目指すために続けています。それ以外にもユニットケアをもっと知ることで自施設がまだまだ改善しなければいけないことがよくわかり、排泄ケア、設え。食事、環境など「入居者様にとってより良い生活をして頂く」ために日々改善を続けています。
ユニットケアは進化していると思います。私も置いて行かれないように、日々勉強を怠らずに成長していきたいと思っています。

ページトップへ