「個別ケア、ユニットケアと出会って」(特別養護老人ホーム四條畷荘 太田卓哉)

2017年8月15日 更新施設長

昭和58年に学校を卒業し、従来型の特養の生活指導員として仕事を始めた私にとって、ユニットケアとの出会いは、平成12年の介護保険法施行の時以上のインパクトがありました。決められた時間に一斉に行われていた処遇と呼ばれていたケアに何の疑問も抱かなかった私にとって、入居者の意向に沿った支援をする四條畷荘は、高齢者本来の生活を支えていける施設であると確信できるところです。

当法人内では毎年人事異動があり、従来型特養からの転入職員がいるのですが、その職員のほとんどが、もう従来型には戻れないと話しています。

我々、四條畷荘職員は、「楽しい食事」「ゆったりとしたお風呂」「気兼ねの無い排泄」「やさしい職員」

この四つのモットーを掲げて、日々入居者様の支援に取り組んでいます

入居者様はじめ家族様にとっても、安心できる施設、職員がやりがいを持って働くことのできる施設にしたいと思っています。

 

 

ページトップへ