僕がユニットケアに取り組む理由〈わけ〉 (特別養護老人ホーム清明庵 山口匡彦)

2016年11月15日 更新施設長

「自分の施設に入りたい度はどのくらいですか?」

「清明庵のアピールポイントはなんですか?」

ユニットケアリーダー研修の実地研修の中で施設長への質問の一例だ。座学の導入の過程の中で「自分の入りたい施設を作っている」という当法人理事長と私のわがままに共感してくれたとのことだ。

高齢者福祉に携わるようになって自分の死に際をよく考える。

父はがんで6人部屋という中で亡くなった。父には大変申し訳ないが、ベッドという唯一の自分の空間で排せつ後の臭いの残る中、食事を摂りながら亡くなって行く姿にいたたまれなくなった。

愛する家族に囲まれて、少しのわがままを聞いてもらって静かにこと切れるのが理想ではないか。せめて他人に死に際を悟られずに、ほんの少しのわがままを聞いてもらえれば、「いい人生だった」といえるのではないか。

清明庵のアピールポイントは?「職員」と言った。理由はわがままを聞いてくれそうだから。

自分の施設に入りたい度は?

興味のある方はぜひ私に直接聞いてほしい。

「職員の固定配置の効果」(特別養護老人ホームグレイスヴィルまいづる 淡路由紀子)

2016年11月15日 更新施設長

開設当時、一番苦労したのは、職員をユニットごとに固定配置することでした。職員を募集してもなかなか来てくれない、退職する人も後を絶たない中で固定配置の実現は難しく、「介護単位は2つのユニット、それの何処がダメなの?」と、心の片隅で実はそんなことを思っていました。

4年が経過し、ようやく固定配置が叶ったとき、それはもう驚きました。職員の誰もが、入居者やご家族から「〇〇さん」と、名前で言葉をかけられるようになったのです。当り前ですが、私たち職員ひとり一人にもちゃんと名前があることを思い出しました。

固定配置になって、職員が入居者、ご家族、地域の方を大切にしているのと同じように、職員自身も、大切に思って頂いていることを肌身に感じるようになりました。

固定配置は、ケアの手法を超え、縁あって出会った人々、このまちで共に暮らす人々を結ぶための最初の大切な一歩であることを、今は疑う余地もありません。

「進化を続ける、ユニットリーダー研修」(特別養護老人ホームくわのみ荘 本戸伸治)

2016年11月15日 更新指導者

私は、10年前にユニットリーダー研修を受講しました。その当時、とにかく『目から鱗の学びが多い研修だった』と感じたことを覚えています。10年前と現在の研修を比較すると、カリキュラムは同じですが、実践するための手法がより具体的になり、指導者の教え方が進化しています。

この研修は、理想論や机上の空論ではなく、現場の実践者が指導者を担っており、ユニットケアのノウハウは勿論のこと、導入するために苦労したことや工夫したことをリアルに聞くことができるのです。現場で実践しているからこそ、共感・納得できることが、この研修の最大の特徴であり強みです。

時代の流れとともに、介護の現場も変化しています。その変化に合わせて、研修の内容や指導方法が進化し続けているのです。「どうしたら個別ケアが実践できるのか」受講者の皆さんと共に考え、語り合い、個別ケア実現に向け学びを深めましょう!

1 / 3123

ページトップへ