「自分目線のユニットケア」(特別養護老人ホーム三好園しんざ 松村実)

2017年1月16日 更新施設長

 私たちは施設という職場で働いています。だから、「暮らしの継続」というユニットケアの理念は、私たちが職業人として、職場で仕事(業務)を行う上での基軸として理解しています。

 けど、自分の親だとか、自分自身だとかが自分の働くこの施設に入居することになったらどう思うでしょうか…

 ユニットケアを学んでいく中で、自分目線で物事を見ることを学びます。このことはユニットケアに限らず、福祉サービスを提供するうえで大切な視点だと思います。

私たちがユニットケアに取り組み始めて何年か経つ頃、「あなたはこの施設に入居してよいと思う?」という問い掛けを職員にしました。その結果、「YES」の回答はさみしい限りでした。けど、その時の職員の思いが十分理解できました。

だからこそ、みんなでもう一度ユニットケアを学び直し、今「暮らしの継続」が実現できる様に自分目線を大切にして取り組んでいます。

今福祉を考える人たちは制度や仕組みだけを見て、「自分目線」「自らのこと」として考えることが不足しているように思えてなりません。

皆さんはどう思いますか?

「人生の晩年、ご機嫌で過ごす為に」(特別養護老人ホーム ちょうふ花園 梅津鋼)

2017年1月16日 更新施設長

 皆さん、自分達の施設に暮らしているお年寄りは、どのような事情で施設に入り、どのような思いで一日一日を過ごされているのか常に振り返っていますか?

 きっと、お年寄りはできれば慣れ親しんだお家で、大好きな家族と暮らしたいと思っているでしょう。でも様々な事情でその事がかなわないので、施設で暮らしていただいています。

 ちょうふ花園で暮らしているお年寄りも皆そうです。重度化の影響で以前と比べ短くなりましたが、平均5年弱の時間があります。その残された時間、少しでも幸せに過ごすには、機嫌が悪いより機嫌が良い方がいいですよね。そこで朝の目覚め方です。自分達も目覚めが良い時は機嫌が良く、体調も良好です。お年寄りも施設の日課に合わせた起床ではなく、その人それぞれの、その日その日の様子で、お年寄りが「気持ちいい」と感じるタイミングで起きる事ができた時、気分も良く、「何か良いことがありそう」、「今日も頑張ろう」と思えるのではないでしょうか。認知症の方であればなおさらです。そして機嫌が良ければゆっくり時間がかかってもご自分で食べる事ができますし、職員の力を活用して何か新しい事にも挑戦しようと思えるのかもしれません。そういう時間を創れるのが暮らしを支える専門職が集まった組織であり、ユニットケアは、お年寄りが機嫌よく過ごす事ができるケアです。

 

「暮らしの継続を目指して!」(特別養護老人ホーム真寿園 石野美恵)

2017年1月16日 更新指導者

著者フロアマネージャー  石野美恵   (社会福祉法人真寿会 特別養護老人ホーム真寿園)

従来型施設として25年間取り組み、ユニット型施設として移転しましたが、初めは小さな集団のケアでした・・・

リーダー研修と出会い、「暮らしの継続」を目指しケアを行う為に、今までのケアとこの研修で学んだケアの手法を比べてみると、「入居者がその人らしく暮らすにはこの手法でないと」と、考え方が大きく変わりました。

実際に研修に参加される受講者の方もこのように感じ、「出来る事から始めよう」「悩んだ時には仲間がいる」「考え方を変えて行こう」などと多くの方が話されます。

同じ悩みや課題などを共有し、どうしたら解決できるのかを受講者の皆さんと一緒に考え、意見交換をしながら、学びが深まる研修です。

是非、この研修に参加して多くの仲間を作り、個別ケアの実現を目指しませんか。

 

 

1 / 3123

ページトップへ