「研修に助けられての13年」(介護老人保健施設ぺあれんと 野村美代子)

2017年7月18日 更新指導者

13年前、「従来型施設ではできなかった仕事ができる!」と、夢と希望をもって開設直前の当施設に就職。しかし、現実は大変厳しいもので、何をどうしていいのか全く分からず、感覚と勢いだけで推し進めるしかありませんでした。職員は7割が新卒者で、経験のある看護師主導のケアに陥っていました。就職一年後には、介護主任という役割をいただき、自分の理想とするケアを目指しましたが、「ご飯を炊く」という簡単そうな取り組みでさえ、一部の職員の厳しい反対にあい、トイレに駆け込んで悔しさに涙する日々でした。職員都合のケアに「違う!」と訴えたくても、自分の言葉で伝える知識のなさを痛感するばかり。途方に暮れて約3年が過ぎ、このユニットリーダー研修に出会い、その経験が大きな自信へと変わりました。やろうとしていた事の根拠がはっきりし、それまで反対していた職員へも、少しずつですが伝えていけるようになりました。今は、入居者の何気ない暮らしの場面を目の前にし、「ユニットケア施設で本当に良かった」と実感する日々です。

 受講者の皆さんも、ユニットケアでリーダーとしてやりたいことは沢山あるでしょう。それを実現するためには、知識と伝える力が必要です。ユニットリーダー研修はそれを学ぶ貴重な研修だと思います。

 

 

「働く意欲、意識が変わるリーダー研修」(特別養護老人ホーム三納の里 長友健志)

2017年7月18日 更新指導者

私はスポーツ一筋体力だけが自慢でしたが、12年前に現在の施設で初めて福祉に携わりました。

施設が開設したのも12年前で、施設と一緒に少しずつ成長してきたように思います。

その道のりは決して平坦ではなく、時には辞めようと思うことも何度かありました。施設が開設した時は、従来型の経験者も多く、一斉一律のケアが当たり前のように展開され、初めて働くもの(私自身)はこれが仕事なんだと思っていました。働きながら、「施設には入りたくないな」「親は入れたくないな」と感じていました。

ところが数年経って、リーダー研修を受講する方が増えてくると、少しずつユニットケアの理解が進み、施設全体に広がり、入居者の表情が変わり、職員もケアのやりがいを感じるようになりました。でもやっていることは“普通のこと”(家では当たり前)なんです。そんな普通のことに気付かせてくれて、やる気にさせてもらって、リーダー研修に参加したことで今の私があります。

リーダー研修に参加するチャンスのない方もおられるかもしれませんが、先に受講した方に今のモヤモヤした思いをぶつけてみると、お互いが理解を深め、新たな思いで前に進むきっかけになると思います。

「『暮らしの継続』を進めることにより入居者の頑張りと職員のやる気が出た」(特別養護老人ホーム白浜日置の郷 嶋中多賀子)

2017年7月18日 更新施設長

ユニットケアに取り組み5年「暮らしの継続」を考え24Hシートを活用することで、ご本人が何が出来、職員がどう支援するか。ご本人の24時間軸を知ることにより意向や好み、できることが理解できた。

その効果は、老人保健施設から住み替えで来られた介護度5(91歳)の方が、寝食分離にて活動範囲が広がる事で車いす使用であるが今や、介護度1となられた。

朝の起床と共にセミパブリックのカーテンを開け、夕刻には閉めるとされ、エレベーターも利用され1階の喫茶店や駄菓子屋を利用されている。時には旦那様に電話をされという日課など施設のあちこちで見られる。105歳の方が、手引き歩行で食堂まで来られる姿や、食べたくないと言われたらユニット職員が寒天ゼリーを作り提供する、これぞユニットケアを理解している職員の力だと自負している。

今後も入居者・職員の力を信じ「暮らしの継続」にむけて支援していきたいと思う。

1 / 3123

ページトップへ