「『より良いものを』を目指すために」(特別養護老人ホーム白浜日置の郷 久森岳) 

2017年10月16日 更新指導者

私は2年前にこの研修をうけました。
すでに自施設ではユニットリーダー実地研修施設でしたが自分自身「ユニットケアとは?」と聞かれても、正直答えられるような知識はありませんでした。私はリーダー研修を受ける前まで、「目的」と呼べるようなものがありませんでした。リーダー研修を初めて受けた時のことを今でも覚えています。周りの受講生のやる気や講師の方々の熱意が伝わり、自分自身、目指すべきものを発見できた気がしました。
研修から帰って、同じ気持ちを持つ仲間やリーダーとユニットケアについて話し合い意見を出し合ったことは、今でも良い思い出です。研修から戻り、一番最初にしたことは24Hシートの整理をしようと頑張っていました。あれから2年経ちますが今も「より良いもの」を目指すために続けています。それ以外にもユニットケアをもっと知ることで自施設がまだまだ改善しなければいけないことがよくわかり、排泄ケア、設え。食事、環境など「入居者様にとってより良い生活をして頂く」ために日々改善を続けています。
ユニットケアは進化していると思います。私も置いて行かれないように、日々勉強を怠らずに成長していきたいと思っています。

「本物の介護を目指して」(特別養護老人ホームしろみ 新宮健造)

2017年10月16日 更新施設長

私どもの施設は創設12年を迎えたところです。

ユニット型の施設として開設はされましたが、当初は食事も入浴も一斉介助に近く、ユニットケアが本来示している個別ケアとは程遠い実情でした。

なかなか入居者が集まらない状況のなか、ユニットのリーダーに日本ユニットケア推進センターのリーダー研修を受講させ、内部研鑽を重ねてきました。

そうして、家族会を開くたびに入居者様・ご家族から少しずつ、「今日も穏やかな一日を送ることができた。」「母が明るい顔になりました。」など、有難い言葉をいただくようになりました。

今年度からユニットリーダー研修実地研修施設として頑張らせていただくことになりましたが、私たちが味わってきた感激をお伝えしていけることを願っています。

「高齢者の仲間意識と安心感」(特別養護老人ホームやすらぎ荘 森政春)

2017年10月16日 更新施設長

私は今年の4月に施設長に就任いたしました。

以前から在宅系の福祉事業に長く関わっていましたから、施設系のユニットケアを耳にする機会は多かったのですが、実際に見たことはありませんでした。

就任後、なるべく各ユニットにお邪魔する機会を多く設けております。実際に足を踏み入れてみると多少広さを感じますが、自宅にいるようなゆったりとくつろげることに驚きを隠せませんでした。入居者がそれぞれ思い思いにお過ごしになっていてご満足そうでした。一つのユニットの受入れ人数の過多は別として、「ユニットケア」は個人別の生活援助の具現化には適していて素晴らしいものだと感じています。

つい最近もユニット内でじゃがいもをふかして、利用者と話しながら食べる機会がありました。その折、入居者同士の話を聞いていると「あの人がいないと寂しいよ」「あの人がいるとホットするね」などの会話をされていました。心理的にひとつ屋根の下に住んでいる「高齢者の仲間意識や安心感」があるのだと感じました。

 

1 / 3123

ページトップへ