「老健のユニットケア・この頃」(介護老人保健施設 ぺあれんと 河嶋哲郎)

2017年11月15日 更新施設長

ユニットケアは個室、個別ケアなので、患者、家族ともに入院と比べて、はるかに自由度が高い。そういう環境なので、家族ともどもわがままいっぱいになる方もでてくる。病気によっては老健では治療できず、入院治療が(標準治療)必要な方もでてくる。ほとんどの方は治療がすんで再入居になるが、中には環境が変わったせいで(わがまま気ままが通らず)せん妄状態となり食事も拒否し、治療どころではなく早々に帰ってくる方も散見される。帰ればせん妄状態は改善され、食事もとれるようになってくる。

最近では最初から入院拒否の方もでてきている。ありがたいのかどうか悩むことが増えてきたこの頃です。

「『ユニットケア』は『認知症ケアの救世主』」(きのこ老人保健施設 宮本憲男)

2017年11月15日 更新施設長

認知症専門の施設である、きのこ老人保健施設は、平成8年に開設し平成12年にはユニット化を行った。それは何故か。「ユニットケア」には認知症の中核症状に対して絶大な効果が認められたからである。

10人程度の「小さな単位」は見当識障害がある方に対して生活上の違和感を感じさせにくい。ユニットへの「職員固定配置」は記憶障害のある方に対して顔なじみによる安心感が得られやすい。そして、入居者一人ひとりのことを十分に理解し、「24Hシート」で共有している職員が寄り添うことにより、判断力の低下した方に対してさりげなくサポートできる。これは、認知症によって出来なくなる不安を取り除くことだけでなく、職員との関係性を深めることにも繋がり、認知症になっても「笑顔」で生きていくことを支えることができるのである。

認知症のある方に対して優しいユニットケアは、認知症のない方に対しても優しい施設になれるのだ。

「『百聞は一見に如かず』の心境」(特別養護老人ホーム龍生園 高橋信子)

2017年11月15日 更新指導者

私がリーダー研修に参加した時は、既にユニットケアはスタートさせていたものの、実践していく上で自分自身に物足りなさを感じていました。

そんな中での研修の参加は、座学で改めてというより、全てが新鮮な感じで「暮らしを支えるケア」のあり方を見直す機会になりました。又、そこには、それぞれの施設で、少しでも入居者の暮らしを支えるには・・と悩んでいる仲間がたくさん集まっており、お互いヒントや勇気をもらう事も数多くありました。

さらに、実習施設での研修は、「ユニットケアを体感する」とても良い期間で、特別な事ではない普通の暮らしが穏やかに送られている中に居る事の「気持ち良さ」を実感する事が出来ました。

これは、この研修だったからこそ実感できたものです。皆さんもきっと同じ想いを実感できると思います。是非参加してみて下さい。

1 / 3123

ページトップへ