「うちで暮らすということ」(地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護あおい 白井五月)

2017年12月15日 更新施設長

「ユニットでの暮らしってどんな感じ?」あおいの様子を少し覗いてみてみましょうか。

ある日、あおいに入居されている88歳の妹さんのところへ93歳のお姉さんが遊びに来てくださいました。ご家族の話では、昔から大変仲の良い姉妹だとのこと。

何度か来て下さったおり、「あんたもうちへおいでぇや。一緒に暮らそ。ここはええとこやで。」のお誘いの言葉に、93歳のお姉さんも何度も考え、「そか、一人じゃさびしいで、じゃ、あんたと暮らそか。」と、あおいに入居されました。それからの毎日は、一緒に寄り添って談笑されたり、ある日は職員に「ちょっと行ってあの子と喧嘩してくるわ。」と言った後、また、寄り添ってのほほえましい姿をお見受けしたりと。

そんな心温まる様子を見ながら私たち職員のできることはなんでしょうか?ご入居の方々ご本人が、必要とされているところをお手伝いさせていただくということ。すべてはご入居者がうち(我が家=あおい)で今までの安気な暮らしをそのまま続けられることがすべてではないでしょうか。ご入居者のうち(我が家)ですから。

ページトップへ