「『熱い気持ち』になれるユニットケア研修!!」(特別養護老人ホーム美里ヒルズ 梶島美紀)

2018年1月5日 更新指導者

「凄いとこに実習に行きたいんですよ。自分たちがやっていたケアってなんだったの?て衝撃を受けるような・・・」8年前、ユニットリーダー研修に行く前の、わくわくドキドキする気持ちを、施設長に話した時のことを今のように思い出すことができます。

私が感じたのは、「実際に出来る。やっているところがある。」ということの確信が持てるということ。ユニットケアについて学び直しができて、5日間実習施設で改めて自分たちが出来ていること出来ていない事の確認ができる。そして具体的に出来ていない事を出来るようにするために「運営計画書」を作り、実施につなげる事の大切さです。

「でもね・・・。」という萎えそうな気持を、一緒に5日間を過ごした仲間で支え合いました。良い研修にするのも、そうでない研修にするのも、その後の自分たちの取り組み次第だけれど、介護の研修でこんな熱い気持ちになれる研修はないと思います。

ページトップへ