「ユニットケアへの想い」―家族と共に支えよう―(特別養護老人ホーム大地の丘 磯部喜博)

2018年1月5日 更新施設長

法人設立と施設開設をして、12年が経過した現在、ユニットケアへの取組みについて振り返ってみます。

開設当初、試行錯誤のなかで始めた「ユニットケア」。従来型施設から来た職員、新規職員が入り乱れるなかでの悪戦苦闘の中での取り組みでした。

ユニットケア研修会への参加やユニット型施設への研修生の派遣、施設内研修会の定期的開催等々を行い、平成27年度から実地研修施設としての指定を受けて取り組んでいます。

現在、特に力を入れているのが、入居者本位の生活、「暮らしの継続」をどの様に築き上げていくかです。職員が入居者と暮らしを共にするうえで、1日のその方の暮らしに視点をおいた関わりができるように理念を根気よく伝えています。普段、職員が入居者とどの様に接しているか見ていただくとともに、入居者とその家族との食事会を通した交流を行い、家族のような関係づくりを作りあげるように頑張っています。

ページトップへ