「真摯に前を向いて」(特別養護老人ホーム美里ヒルズ 梶島 美紀)

2018年8月1日 更新

私がユニットリーダー研修に参加したのは、平成21年の前期のことでした。普段観光で訪れている京都に、研修で訪れることに新鮮な気持ちがしたことを今でも思い出します。

座学での学びで刺激を受けたのはもちろんなのですが、同じ実習を受ける他の3人の受講者と仲良くなり、「こういったことで悩んでいて」という話や、実習先の施設の職員さんの「こういう方法もありますよ」というアドバイス受けて同じ思いを共有する仲間ができたということは大きな収穫でした。また、惜しみなくいろいろな情報やアドバイスをくださった実習施設の方には感謝するとともに、「自分たちも目標をしっかりと持って前進し続ければ、必ずここまで出来るようになる。」と密かに野望を抱いたものです。(笑)

そして何より施設を離れていることで自分の施設(入居者)への思いが募り、「忙しいという言い訳をして、入居者の顔を見ない介護をしていたのではないか。もう一度真摯に入居者と向き合おう。」と思えるようになりました。

あれから「もう9年経つのか」という思いと、「まだ9年しか経っていないのか」という両方の思いを噛みしめながら、「もう一度真摯に入居者と向き合おう。」と思った、暑かった京都を思い出しています。

ページトップへ