「ユニットケアに出会ったときの心象」(特別養護老人ホーム 第二天神の杜 平田倫代)

2018年9月3日 更新

私が初めてユニットケアに出会った時、一人ひとりの部屋があることや好きな物を持ち込めることや食事の時間が一斉ではないことにとても驚きました。

そのような中で、「人」として対応し、その人の「思い」に寄り添うケアをすることで、個別ケアのである「関わり」の魅力を知ることができたことが私にとって大きな学びになりました。

より良いユニットケアをするために、ユニットケアの理念を理解し、何でもしてあげるのではなくできることをして貰いながら、生活のお手伝いをすることが私たちの働き方の目指すところであることを念頭に置いて3つの方策を実行しました。

方策1 入居者をしっかり見て、気付けることが大切で「できるための工夫をする」こと。

方策2 チームの皆で試行錯誤しながら「できるための工夫を見つける」こと。

方策3 一人で頑張るのではなく、チームプレーで「暮らしの継続を守る」こと。

その結果、入居者から様々な課題を提示される度に、チーム力がアップし、入居者の思いを考えられる職員に成長させてもらいました。

入居者の思いに沿って共に考え、悩み、泣いたり笑うことが体験できるケアこそユニットケアの魅力であることを日々実感しています。

ページトップへ