「ユニットケア」の魅力 (特別養護老人ホーム ホームタウンほそや 鈴木寛史)

2018年12月3日 更新

自分がユニットケア(個別ケア)を本当の意味で理解し始めたのは、8年前にユニットリーダー研修に参加して、実地研修で受入施設に行ってからでした。それまでは「決められた時間に決まった仕事をこなしていればいい」と、業務優先・職員目線が当たり前で仕事をしていました。自分がリーダー研修に参加してから、その考え方も少しずつ変わり、自分が勤める施設もユニットリーダー研修の受入施設になり、徐々に「ユニットケアの魅力がどのようなものなのか」が、わかるようになりました。

研修に参加し、入居者様が自身のペースで生活し、好きな時間に好きなことをする。そんな当たり前の「生活の継続」が大切なのだと気づかされました。

入居者様に寄り添い、その人らしくゆったりと笑顔で生活が送れるサポートこそが、ユニットケアの魅力だと思います。

「ユニットケア研修から学んだ大切なこと」 (特別養護老人ホーム ホームタウンほそや 竹澤香苗)

2018年12月3日 更新

長年ユニット型の施設で勤務していましたが、この研修を受けるまでは、今自分が行っているケアに対して何も疑問に感じずに、当たり前のように職員都合の一斉介助を行っていました。今振り変えると、入居者様に苦痛を与えていたのだと恥ずかしく感じます。

ユニットリーダー研修を始め、さまざまな研修に参加することで、自分自身のケアも大きく変わりました。今では、「自分や自分の家族だったらどのようにケアをして欲しいか」と、立ち止まりながら入居者様の気持ちに寄り添ってケアにあたることができるようになりました。

「好きな時間に寝起きをして、好きな時に散歩に行き、好きな物を食べて過ごす」という、あたりまえの暮らしの大切さや、ユニットだけで考えるのではなく多職種みんなで入居者様一人ひとりを支える大切さを学ばせていただきました。

なかなか話す機会のない他施設の職員との良い出会いもあり、改めて「入居者様のために頑張ろう」とやる気をもらえた研修だと感じています。

「1日○カロリー・蛋白質○g・塩分○g」 (特別養護老人ホームうねめの里 岡美穂)

2018年12月3日 更新

私は以前、病状に合わせて必要な栄養量を満たす献立を作成して食事の提供を行っていました。特別養護老人ホームの「ユニット型」で働く今は、年齢・体型・生活歴や活動量・食に対する価値観などの幅広い視点から、暮らしの場におけるマネジメントで入居者と関わっています。

入居者の体重の変化や食事摂取量の変化を確認し、それに合った食事を提供している中で、食べられる量が減ってくることがあります。そのような時は、日々の些細な変化に気付いている介護職員や看護師と確認し合いながら、食事内容を検討しています。もしそれが「看取り期」であれば、ご家族の気持ちに寄り添いながら無理のない食事量で穏やかに過ごせるように支えていきます。

その人らしい生活を継続するために「低栄養」や「疾病」などに陥らないように食事提供を行い日々の暮らしを支えていくことは、「ユニット型」特別養護老人ホームで働く管理栄養士としての魅力だと日々感じています。

1 / 212

ページトップへ