「ユニットケア研修の魅力」 (特別養護老人ホームうねめの里 安江健吾)

2018年12月3日 更新

著者ユニットリーダー 安江健吾   (社会福祉法人永甲会 特別養護老人ホームうねめの里)

私は、ユニットリーダーになる時にこの研修を受講しました。研修はグループワークを主体としており、率直に感じたことは「研修中に、こんなにも自分が話をするのは初めてだ。」ということでした。専門学校を卒業後、うねめの里でしか働いたことが無かった私にとって、様々な経験年数や異なる事業規模の施設、あるいは他の職業を経験された方々と話が出来るこの研修は、凄く新鮮でした。

また、この研修は、日頃抱えている悩みや疑問などをどんどん出さないともったいないと思いました。その1つ1つに対して、机上の話ではなく、講師の方々の実際の体験を踏まえた話を聞くことが出来るため、みんながとても実感を得やすい研修になっていると思いました。

座学後の実地研修では、講義で学んだことを実践されている施設で見学・体感することが出来るので自分の施設との違いや課題解決の実践方法を学ぶことが出来ました。

その経験を経て、今では、この研修や日々の実践で得た経験を伝えていける存在になれるよう、日々努めています。

ページトップへ