「一歩踏み出す勇気」 (特別養護老人ホーム諫早中央 生活相談員 東坂一樹)

2019年1月7日 更新

私は、数年前にユニットリーダー研修を受講しました。

その当時、私はユニット内でうまくいかないことが多く、自信を持てずにいました。しかし、この研修を受け、同じような悩みを持つ他の施設の人たちの話を聞き、もう少し頑張ってみようという刺激をもらうことができました。

私には、リーダーになりたての頃に「ケアの方法」などについて厳しく指摘を受けてから、苦手意識を持ってしまった1組のご家族の方がいました。指摘を受けて以降の自分は、表面的な関わりしか出来なくなっており、そのご家族との関係に消極的になりがちでした。しかし、この研修を受け、一歩前に進み、自分から積極的に話をしてみることにしました。

お話をするうちに、そのご家族の方は、入居者への愛情がとても強い方で、大切にしたい気持ちが強いが故に、私達職員にも「頑張って欲しいという気持ちから、「叱咤激励」の意味で、細かいことでも声に出して伝えてくれているのだ」ということがわかりました。

その気持ちに気づいてからは、入居者はもちろんのこと、そのご家族との関係にも気を配ることが出来るようになりました。そして私がユニットを異動する日に、そのご家族から、「あなたがリーダーで本当に良かった!」と嬉しい言葉をいただくことができました。

いままでの自分は、苦手なことから逃げがちで消極的な仕事をしていたように思います。いまでは、この研修でもらった刺激から、「一歩踏み出す勇気」をもらえ、積極的に人と関わることができるようになれたと思っています。

ページトップへ