「自信にも繋がったユニットケアの魅力」 (特別養護老人ホームゆめみどり 生活相談員 山岡拓道)

2019年1月7日 更新

ユニットケアの魅力を一言で伝えることはなかなか難しいですが、ユニットケアを進めていく中で、そのメリットを聞かれると、「職員と入居者の距離が近く、一人ひとりに合わせたケアやイベント企画ができること」「家庭的な雰囲気のなかで普通の暮らしが提供できること」、そして何より「少しずつでも、入居者・ご家族の笑顔が増えてきていることを実感できること」など、いくつも挙げることができます。

ゆめみどりで暮らす入居者には、自宅で使い慣れたものを何でも持ち込んでいただいています。

ある時、1人の落ち着きのない入居者の行動が職員の間で話にあがりました。始めは、どんな方でも「住まい」が移ることに戸惑いを隠すのは難しいため、そのことによる、気持ちの不安定さかと思っていました。しかし、日々、職員みんなでゆっくりと時間を掛けながら寄り添い、ともに暮らしていく中で、不安も和らぎ、その要因が「自宅に置いてきた仏壇」であることがわかりました。要因と向き合ったことで、入居者だけでなく、ご家族や職員にも笑顔が広がっていきました。

入居者、家族の笑顔が増えることで、職員一人ひとりの笑顔も増えていきます。そのことは、自分自身にとっても仕事の励みになり、自信にも繋がります。

この様な経験を経て、生活相談員として、これから入居される方、そのご家族、入居を検討されている方々に対し、「ゆめみどり」の生活を自信を持ってお勧めできるようになりました。いまの現状に満足せず、これからもそれぞれの生活を尊重できるケアを追求していきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ