理想だけではなく、経験を学べる研修(特別養護老人ホーム四條畷荘 介護主任 竹本 敦)

2019年2月1日 更新

この研修を受講したのは2年前でした。

前年まで同法人の従来型施設で働いていたため、当時の私は、ユニットケアは聞いたことがあるけれど実際はどのようなものなのか分からないまま、知ろうともせず、ただ漠然と、「ユニット型施設とは個室があり、そこで個別ケアが行われている」という程度の知識でいました。

そんな中、ユニットリーダー研修を受けることになった私は、ユニットケアを学ぶことへの期待と同時に、「理想論ばかりの研修だろう」という気持ちを心に抱えたまま、座学に参加しました。

研修が始まるとそんな考えは直ぐに吹き飛ばされました。講師の方々は、実際に現場でユニットケアを実践している方ばかりで、どうすればいいかの方法論だけではなく、ユニットケアを実践してきたことでの成功事例や失敗談、またその失敗をどのように乗り越えてきたのかを伝えてくれました。その1つ1つがわかり易く、自分の経験と重ねて合わすことができ、解決策を考えるヒントをたくさんもらうことができました。さらに、この研修はグループワーク中心の研修のため、他施設の方々と共に学び、普段の思いや悩みをみんなで共有でき、色々な刺激をもらうこともできました。

この研修は私にとって、介護のプロとしてどうあるべきかをもう一度考えさせてくれ、また、同じ志を持った仲間と出会うこともできた、とても意味のあるものになりました。

これからも、皆さんと一緒にユニットケアへの学びを深めていきたいです。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ