「ユニットケアの魅力」 (特別養護老人ホーム素心苑 生活相談員兼介護支援専門員 泉 早苗)

2019年3月1日 更新

著者生活相談員兼介護支援専門員 泉 早苗   (社会福祉法人素心の会 特別養護老人ホーム素心苑)

ヘルパーなどの経験を経て、居宅ケアマネジャーとして働いていた事業所からユニットケアに取り組む地域密着型特養(平成26年新設)に転職をした当時を振り返ると、「生活相談員」と「施設ケアマネジャー」という自分にとっては未知の経験に不安を感じると同時に、「ユニットケア」という新しい出会いに、わくわくしたことを思い出します。

実際に「暮らしの継続」ということを頭ではわかっていても、ユニットリーダーのように研修を受けたわけでもなく、絵に描いた餅のような生活相談員を数年続けてきました。それが、『ユニットリーダー研修実地研修施設を目指す』と事業所が一丸となったことから変化が生まれ、初めてのトライで実地研修施設に受かることができました。いまでは、私もユニットリーダー研修の受講者とともに、基本から学ぶ機会をいただいています。

素心苑では「暮らしの継続」+「今できる楽しみを」、そして「入居した日から看取りが始まる」という施設長の言葉を、ともに暮らす全職員が胸に刻み、人生を背負うのではなく、ともに食事をして、ともに語り歌い、泣き笑いの生活を続けています。

いま、施設では「ここで暮らせてよかった」という入居者・ご家族の言葉や、「一緒にいられて良かった」という職員の言葉が聞こえてきます。それが私にとってのうれしい瞬間です。

ページトップへ