「ユニットケア研修の魅力」(特別養護老人ホームマモリエあいら 生活サービス課ユニットリーダー 宮原 武)

2019年3月1日 更新

著者生活サービス課ユニットリーダー 宮原 武   (社会福祉法人クオラ 特別養護老人ホームマモリエあいら)

私はユニットリーダー研修を受講して、ユニットケアに対する考え方や視点を学び、今まで自分が持っていた考え方との違いに気付くことができました。自分自身を振り返った時、職員視点でのケアになりがちであると感じ、まずは入居者一人ひとりと向き合うことから始めようと思いました。

「入居者一人ひとりの望む暮らしは何だろう。」「今までどういった生活を送っていたのだろう。」など、その方を知っていくことで少しずつ快適な生活のサポートを行っていけるようになり、自然と余裕と自信が持てるようになりました。

研修で学んだ「おいしく・楽しい」食事の考え方から食べる環境を整えることが大事だと感じ、ユニットでの調理を取り入れました。研修を受講するまでは一緒に作るという発想もなく、入居者に包丁など持たせたら危ないと勝手な決めつけもありました。

実際に調理をする入居者がしっかりと包丁を使いこなし綺麗に野菜を切るその光景を見た時に、「自分自身の先入観で入居者の出来ることを妨げていた」と深く反省しました。

入居者と一緒に食事を作ることで笑顔も会話も増え、リビング内に食事の良い匂いがし食欲も増します。そういった食べるまでの過程があることで、入居者が今までより楽しく食事ができるようになりました。

これからも研修で学んだこと、感じたことを積極的に職員へ伝えていき、一人ひとりに合った「暮らしの継続」実現に向けてサポートしていこうと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ