人のあたたかさが伝わる研修~ユニットケア研修の魅力~ (特別養護老人ホームかざこしの里 生活相談員 日下部 寛)

2019年4月1日 更新

 私は介護の仕事を始めたばかりの頃に、ユニットケアについて書かれた本を読んだことがあります。その時が私にとってユニットケアの初体験であり「こんなケアをしてみたい。」と思い始めるきっかけになりました。  
 縁あって、ユニットリーダー研修の実地研修施設でもある「かざこしの里」で働くことになり、初日にユニットで入居者の暮らしぶりや職員の動きを見学しました。30分も経たないうちに激しい衝撃を受けたことを今でも忘れません。「自分が今まで考えていた個別ケアって何だったんだ?これは魔法なの?」と、思わずにはいられませんでした。その後、施設内研修を受け、ユニットケアの理念や24Hシートを使用した個別ケアの方法を学び、再び強い衝撃を受けました。その2つの出来事が、ユニットケアを「もっと学びたい!」という気持ちを高めさせてくれました。
 ユニットリーダー研修を受講した際、ユニット型施設ではあるが、本来のユニットケアを行えず、悶々としている受講生が多くいらっしゃいました。研修の中で様々な課題を一緒に考え、話し合い、励まし合うことができる仲間を見つけられた研修は、これまで出会ったことが無く、貴重な経験となりました。
 研修では、今抱えている課題を何とか解決したいと思っている受講生に対してその期待に応えようと、ユニットケアの理念、成功例や失敗例をわかりやすく、また、実地研修でも丁寧に指導される講師との関係がとても熱意に満ちたものに感じました。
ユニットケア研修の魅力は、入居者の「暮らし」にどう寄り添っていくかを、真剣に悩み、思っていることを語ることができる受講生と講師の人間性がぶつかり合う、「人のあたたかさが伝わる」ところにあると思います。そんな魅力的な研修に、1日でも長く携わり続けることができるよう日々学んでいきたいと思います。

ページトップへ