「真正面から向き合う事での気づきがやりがいへ」(特別養護老人ホームメープル 袴田美穂子)

2019年5月7日 更新

従来型の特養に15年間勤務し、自分の心の中に“看護、介護、相談業務のことなら任せて”みたいな変な自信があり16年前、現在の施設の看護職員として入社しました。ちょうど1年が過ぎるあたりから、“こんなりっぱな建物なのに、なんか疲れるな~何故なんだろう” と思っていた時に、リーダー研修に参加させてもらいました。張り切って「個室より多床室の方がいい」と言い切った自分を今でも鮮明に覚えています。理由まで言えたあの自信はすばらしかったと思います。第一の気づきは、研修目的を理解していないという赤っ恥でした。そこから、3日間の講義で “こんなケアがあるの” と衝撃を受けました。次の気づきは、自施設の建物を活かせていないと言うことでした。講師陣の話を食い入るようにように聞き、グループワークで仲間をみつけ、同じ悩みを熱く語り、気づかされる事だらけの研修でした。理念の大切さ、ケアのあり方、組織作り等々。

従来型どっぷりのこんな自分が変われました。たくさんの気づきがやりがいに変わり、このことが個別ケアへの取り組みとなりました。これがユニットケア研修の魅力だと私は感じます。これからも沢山の気づきに出会えると思っています。

 

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ