「私とユニットケアの出会い」(特別養護老人ホームメープル 畠山厚子)

2019年5月7日 更新

私がデイサービスから特養に異動した時は、ユニットケアが導入されていました。自分にはその知識はありませんでしたが、印象として“こんなやり方ってあるの。家みたい。”と思い、介護は大変というイメージから、“もしかして楽しいかも” と感じた事が思い出されます。そして、ケアについて学び、実践を重ね、実地研修施設となって、自分に変化がありました。職員の配置の仕方、入居者は亡くなるその日まで同じ部屋、入居者や家族の想い等を知る事で、ひとり1人に真剣に向き合うようになりました。

ユニットケアの魅力は、家と同じような環境で、お互いの事がよくわかっているという関係性の中で、自分らしくいられるということだと思います。入居者からは、「良い所だ。」「前の施設とは違う」など、家族からは、「私たちも歳をとったらよろしくね」とか「よく、分かっているわね」など。職員からは、「この関係性っていいよね」「仕事に来るのが楽しい」などの言葉が聞かれるようになり、笑顔という表情の変化につながっています。もう一つ言葉の変化として『業務』『提供』と言う言葉が使われなくなりました。こんなケアを広めていきたいと思います。

ページトップへ