「百閒は一見に如かず」(特別養護老人ホーム 天恵荘 原 神無子)

2019年7月1日 更新

著者ユニットリーダー 原 神無子   (社会福祉法人 寿光会  特別養護老人ホーム 天恵荘)

私はユニットケアに反対でした。自分の意図しないところで、ユニットケアの話しが盛り上がり、知識のない中で仕事をすることのストレス。「今のままでいいのに…」「手法が違っても入居者が満足すればそれでいいのでは?」そんな屁理屈をつけては、毛嫌いしていました。ユニットケアを進めていくにあたり、何度もユニットケアの良さを説明されていたはずですが、当時の私はその話を素直に吸収することが出来ませんでした。ユニットケアを推進していく人達と理解できない私たち両者の苦悩があったと思います。

そんな中、いざ自分がユニットケア研修に受講してみると、まさに百閒は一見に如かず!コーディネーターや講師の分かりやすい解説や体験談を聞き、実際に入居者体験が出来たことで、ユニットケアに対するわだかまりがすーっと解け、クリアになっていく感じがしました。そして、自らが受講し「体感、体験出来て良かった」と心から思えたことで、施設の仲間に“自らの感想”として伝えることが出来ました。施設を出て違う環境で話を聞き体験したことも、自分の考えを改めることが出来た一つのきっかけかもしれません。何よりユニットケアを行っていくうえで、同じ様に葛藤し、悩める人たちとその感情を共有し合うことができ、「自分の施設でも頑張っていこうね!」と誓い合えたことは、お互いに背中を押しあえたような感覚でした。

ユニットケアの本質をしっかり理解出来たことで、リーダーとして伝え方も変わり、ご家族や入居者との向き合い方も変わってきました。ユニットケアは決して特別な手法ではありません。今までの暮らしの延長線上にユニットケアがあると思います。介護される側の暮らし方や気持ちに寄り添いながら支援していきたいと思います。

 

ページトップへ