「ユニットケアの魅力とやりがい」(特別養護老人ホームしろみ 坂本 亮)

2019年8月1日 更新

著者ユニットリーダー 坂本 亮   (社会福祉法人見松会 特別養護老人ホームしろみ)

私が思うユニットケアの魅力とは、「入居者一人ひとりに向き合う」ケアができることです。私は、“しろみ”に入職する前は多床室の施設で勤務していました。その時は「朝7時に起こす」「8時に一斉に食事をさせる」など職員の業務を優先とした考えで、毎日が同じリズムでケアを行っていました。

しろみに入職し、リーダーになり、ユニットリーダー研修に参加させてもらい、ユニットケアの考え方、システムを学ぶことができ、ユニットケアを具体的に実践することができています。入居者の少人数ケア体制をとることで、入居者一人ひとりの細やかな情報(状態)を把握でき、急な体調の変化にも早期に気づき対応できること、また、職員をユニットに固定配置することで、顔なじみになり、入居者・ご家族にも安心感を持ってもらえることがユニットケアの魅力であるとだと思います。

入居者一人ひとりに向き合うケアを行うには、24Hシートは欠かせません。作成する手間はかかりますが、24Hシートがなければユニット職員で同じケアは提供できないし、ケアの見直しをする場合やご家族にケア提供内容を説明する場合にも24Hシートは欠かせません。

私は、ユニットリーダーになって期間は短いのですが、しろみの理念である『個々の自立と「笑」・「楽」の生活』を大切にして、入居者の自己決定のもと、生活の中でご利用者・ご家族・職員の笑顔と充実した楽しい時間が送れるように努めています。これまで以上にユニット職員の資質向上ができるよう“入居者の意向・好み”、自分(入居者)できること”をたくさん発見し、入居者の好む行事を実施して、入居者の笑顔・職員の笑顔(やりがい)を引き出したいと思っております。

ユニットケアの魅力⇒入居者一人ひとりの好むケアの提供⇒入居者の笑顔⇒私の“やりがい”です。

ページトップへ