「葛藤の日々からの脱却」(特別養護老人ホーム 松籟荘 鈴木 誠)

2019年8月1日 更新

著者 ユニットリーダー 鈴木 誠   (社会福祉法人 愛正会  特別養護老人ホーム 松籟荘)

私が入職した時から松籟荘ではユニットケアに取り組んでいました。入職したての私はユニットケアについて理解できず、先輩から教えてもらったことだけをやっていました。施設内で実施されるユニットケアの勉強会に参加しても、「入居者の好きなように暮らすことなんだ」くらいの理解でした。

しかし、日々の仕事に慣れてくると、「仕事を効率よくやろう」という考えが自分の中で大きくなってしまいました。そのようなタイミングで、ユニットリーダーに任命されました。ユニットリーダーになってみて、自分の知識不足、ユニットでの情報共有やチームとしてまとめること等、自分の不甲斐なさを痛感させられました。ユニットケアについて知っているつもりになっていて、その根拠までをしっかりと理解していませんでした。ユニットリーダーとして上手く伝えられないこと、ユニット職員からの質問にも答えに自信がなく、だけど“ユニットリーダーとしてしっかりしなくては”と、葛藤していました。

そんな時、ユニットリーダー研修を受講しました。受講してみると、自分が理解していなかった根拠を丁寧な講義の中で理解することができました。そして最も大きな経験になったのは、同じ悩みを抱えた他施設の方々と話ができ、同じ志を持った仲間ができたことです。ユニットリーダー研修で得たものは大きく、私にユニットリーダーの心構えや自信を持たせてくれました。

 

ページトップへ