「最後まで自分らしく生きることができるケア」 (社会福祉法人天雲会 特別養護老人ホーム龍生園 看介護課長 榎元 一成)

2019年9月2日 更新

平成17年に龍生園に入職した翌年にユニットケアがスタートし、リーダーとしてユニットリーダー研修に参加しました。施設に戻り研修で学んだことに手探りで1つ1つ取り組み、時には失敗しながらも入居者の変化が見られるようになり、ユニットケア施設での介護職員としてのやりがいを実感できました。

以前の集団ケアは、入居者の尊厳・自律等への配慮が不足しており、思いだすと懐かしさもありますが入居者の立場で考えると施設に入りたくないと思われても当たり前だなと思うケアをしていました。そう考えた時、最後まで自分らしく生きるためにもユニットケアは必要で入居者1人1人の生活を支えることの重要性を感じました。また、ユニットケアを難しくとらえがちですが、介護のプロとしても当たり前にできなければいけないことだと思います。

現在は実習施設としてユニットケアを実践する模範的な施設となり、自分の経験や知識を共有し、介護職員としての楽しさややりがいも実感できるように支えながら、根本である「個別ケア」の視点と、また施設理念である「すべての入居者を自分の親だと思って・・・」を忘れずに、最後にここで良かったと思われるような施設を目指していきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長

最近のブログ記事

  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ