「『暮らしの継続』の実現に向けて」(特別養護老人ホーム稚内緑風苑 羽場雅美)

2019年10月1日 更新

ユニットリーダー研修では、ユニットケアにおける理念「暮らしの継続」24時間の暮らしを見つめることの大切さを学ぶことができます。

24Hシートを活用することで、その人の暮らしを知ることもでき、個別にケアをすることの根拠を深く理解することもできます。

実地研修施設での研修では、機会がない限り他施設への研修、見学はあまり経験がないと思います。実地研修で見たもの、感じたことを、共に働く仲間に伝え、一緒に考え、悩み、課題を明確にすることもでき、介護職員として成 長させてもらうことが出来ると実感しております。

現在も課題はありますが、ユニットケア実践において日々入居者様やご家族の思いに触れ、ともに施設での暮らしについて考える事が、入居者の暮らしの充実、入居者様がご自分のペースですきなときに寝て、すきなときに起きる。すきな時間に食べ、すきな事をする。そんな当たり前の一人ひとり違う「暮らしの継続」の実現に向けて、研修で学んだことを振り返り、サポートしております。悩んだ時には原点に戻り、仲間と話し会い、目指すべき方向性を確認し、個別ケアの大切さ、もし自分、家族だったらという入居者目線を大切に最期まで…。そして、すべての人たちの人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を営むことができるよう多様で良質な福祉サービスを創意工夫し、総合的に提供していきます。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ