「自分らしく生活できるサポート」(特別養護老人ホーム 稚内緑風苑 松山美行)

2019年10月1日 更新

ユニットケアの魅力とは入居者一人ひとりが自分らしく生活できることだと思います。それには、私たち職員が入居者一人ひとりの人格を尊重し、在宅での暮らしの継続ができるようケアを行っていくことが大切だと思います。

一人ひとりが自分らしく生活をするには、私たちが自己決定、在宅での暮らしの継続という視点から支援が必要なことを知ることが重要です。

それには24Hシートが不可欠で、ご本人・ご家族より聴き取りをし、アセスメントを行い個々の24時間の暮らしを把握しケアを行います。24Hシートがあることで、ユニット職員でケアの見直し、ケアの統一ができます。

月に1度のユニット会議でも、24Hシートを基に一人ひとりの入居者についてユニット職員で話し合いを行います。自施設の基本理念が「すべての人たちの人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を営むことができるよう多様で良質な福祉サービスを創意工夫し、総合的に提供します。」とあります。職員全員で、施設の理念を根本に入居者一人ひとりが、自分らしく生活できる(個別ケア)サポートを行っています。

こうしたケアの中で入居者の笑顔がみられた時が、この仕事のやりがいでもあり、ユニットケアの魅力でもあると思います。

是非、実地研修施設として、ユニットケアの魅力を共有して頂きたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ