「百閒は一見に如かず」(特別養護老人ホーム 天恵荘 原 神無子)

2019年7月1日 更新

著者ユニットリーダー 原 神無子   (社会福祉法人 寿光会  特別養護老人ホーム 天恵荘)

私はユニットケアに反対でした。自分の意図しないところで、ユニットケアの話しが盛り上がり、知識のない中で仕事をすることのストレス。「今のままでいいのに…」「手法が違っても入居者が満足すればそれでいいのでは?」そんな屁理屈をつけては、毛嫌いしていました。ユニットケアを進めていくにあたり、何度もユニットケアの良さを説明されていたはずですが、当時の私はその話を素直に吸収することが出来ませんでした。ユニットケアを推進していく人達と理解できない私たち両者の苦悩があったと思います。

そんな中、いざ自分がユニットケア研修に受講してみると、まさに百閒は一見に如かず!コーディネーターや講師の分かりやすい解説や体験談を聞き、実際に入居者体験が出来たことで、ユニットケアに対するわだかまりがすーっと解け、クリアになっていく感じがしました。そして、自らが受講し「体感、体験出来て良かった」と心から思えたことで、施設の仲間に“自らの感想”として伝えることが出来ました。施設を出て違う環境で話を聞き体験したことも、自分の考えを改めることが出来た一つのきっかけかもしれません。何よりユニットケアを行っていくうえで、同じ様に葛藤し、悩める人たちとその感情を共有し合うことができ、「自分の施設でも頑張っていこうね!」と誓い合えたことは、お互いに背中を押しあえたような感覚でした。

ユニットケアの本質をしっかり理解出来たことで、リーダーとして伝え方も変わり、ご家族や入居者との向き合い方も変わってきました。ユニットケアは決して特別な手法ではありません。今までの暮らしの延長線上にユニットケアがあると思います。介護される側の暮らし方や気持ちに寄り添いながら支援していきたいと思います。

 

「いつもの人」(特別養護老人ホーム 天恵荘 西山 亮太)

2019年7月1日 更新

著者ユニットリーダー 西山 亮太   (社会福祉法人 寿光会 特別養護老人ホーム 天恵荘)

重度の認知症をお持ちのIさんは、朝目覚めると「私は何でここにおるとやろうか?」と不安な表情をされます。しかし、なんとなく見覚えのある職員(私)に声を掛けると少し安堵し、朝食のためリビングに足を運びます。しかし、その途中、「ごめん、やっぱりいきたくなか…」と足を止められます。理由を聞くと「知らん人のおるとやろ?そがん所にはいきたくなかとさ」と。そこで私は「Iさんの知っている人ばかりですよ。今朝もNさんがIさんはまだ寝ているのか?と待たれていましたよ」と伝えます。Iさんは「Nさん?誰やろか?知っとる人やろか?」と首を傾げ再び足を動かされます。リビングに行くと、周りから「おはようございます」と声を掛けられ、Iさんは「あんたやったね。知っとるばい。おはようございます」「よかった」と、そこでようやく安心されIさんの一日が始まります。

これは、私がいるユニットの入居者Iさんの毎朝の様子です。何を言いたかったかというと、Iさんは入居者、職員の名前などは覚えてはいないが、なんとなく知っている顔、いつもの人がいたということで安心されるのです。ユニットケアでは10人前後のユニットに専任の職員を配置することで“馴染みの関係”が築きやすい。また、少人数だからこそ、その人に寄り添える時間が多く理解が深まりやすい。天恵荘では、そのことを様々な場面で感じることがあります。今回はそんな、私が実感しているユニットケアの魅力の一つを紹介しました。

「ユニットケア研修と私」(特別養護老人ホームらふたぁヒルズ 古舘 由貴子)

2019年7月1日 更新

私が入社した当初は、ユニットケアは導入されておらず、従来型特養だったので食事、入浴等すべてにおいて一斉に行っていたことを覚えています。

働き始めて数年後、ユニットケアの導入に向け動き始めましたが、私自身その時は、どこか他人事のように思っていて、「個室より多床室のほうがいいなあ」という時期も正直ありました。

平成17年にユニット型のらふたぁヒルズが創設され、従来型特養から異動になりました。私自身、ユニットケアに対する知識が不足しているとは感じていましたが、リーダー研修への参加に「私に出来るだろうか」や「たくさんの人の中でどうしよう・・・」等と前向きになれずにいました。しかし、リーダー研修に参加させてもらい3日間の講義を受け、前向きになれずにいた気持ちは消えていきました。グループワークで仲間を見つけ、それぞれの悩みを語りたくさん気づかされることが多く、あっという間の3日間でした。気づかされたことを施設に持ち帰り、ユニットの環境を変えることができました。根拠を持って伝えると、変えられるんだと私自身への自信にも繋がった気がします。

これからも、気づかされることがたくさんあると思います。施設名でもある、らふたぁヒルズ(笑い声が聞こえる丘)のように、入居者一人ひとりの笑顔が引き出せるようにしていきたいと思います。

1 / 1912345...10...最後 »

ページトップへ