「研修生から日々学ぶ事」(特別養護老人ホームちょうふ花園 中村勇介)

2018年3月1日 更新指導者

私が現場のユニットリーダーとして研修生と関わるようになったのは今から

4年前になります。

最初は正直、自分自身が働いている姿を、研修生に見て頂く事はとても恥ずかしく緊張ばかりしていた日々を思い出します。

研修生との振り返りでは、褒めて頂く事も多くありますが、その一方で様々な角度からの意見もあり、貴重な意見を頂く機会も多くあります。

普段働いていると、気付けない事もあり意見を頂く事で、自分自身を振り返る機会が出来、個人としても、受け入れ施設としても成長させて頂いている事に感謝しています。

普段働いている職場から離れて、受け入れ施設で過ごす5日間はとても貴重な経験に繋がり、刺激を受けた事を思い出します。

ページトップへ