「職員のアドバイスと入居者視点での体験」 (特別養護老人ホーム 晃の園 堀井美希)

2018年11月1日 更新

著者ユニットリーダー 堀井 美希   (社会福祉法人 駿河会  特別養護老人ホーム 晃の園)

私は昨年の7月にユニットリーダー研修で京都の施設へ行かせて頂きました。私は自施設以外のユニットケアの現場を見たことが無かったので、このような研修の機会を頂けたことがとても新鮮でした。研修を通して、設えの部分や、接遇、研修体制など様々な点において自施設との違いに大変刺激を受けました。

研修中はユニットの職員の方々から直接話を聞かせて頂き、設えの部分で工夫していること、ユニットの個性の出し方、ご家族様との関係性の作り方、ユニットケアの考え方、自分自身のリーダーとして不安に思っていることなど、多くの時間を割いてアドバイスをして頂き、とても大きな収穫がありました。

5日間という実地研修を通して、入居者様体験をすることで職員の動きや、目線、どんなふうに話しかけられたら安心するか、座っているだけでも身体が痛くなるということ、肌寒さなど、身をもって感じ取ることができました。普段とは違った視点でユニットケアを体験することができたと思います。自施設で働く私は入居者様やご家族様にどのように映っているのだろうと考える機会にもなりました。改めてリーダーという立場を頑張っていきたいと思いましたし、現状に満足せずに、より質の高いケアを目指していきたいと思いました。

この研修の魅力は、現場を離れ、入居者様の視点でユニットケアを体験できること、そして実際にケアを行っている職員の方々から話を聞けることだと思います。私も自施設に研修、見学に来てくださる方々に、自施設の魅力やユニットケアの魅力が少しでも伝えられたらと思います。

ページトップへ