日々の言動力に (特別養護老人ホーム梨雲苑 主任・フロアーリーダー 竹内 七々恵)

2019年4月1日 更新

著者主任・フロアーリーダー 竹内 七々恵   (社会福祉法人梨雲福祉会 特別養護老人ホーム 梨雲苑)

 自施設では、ユニットケアの理解を深めるため、ユニットリーダー研修の受講を重ねています。私も研修に参加した一人です。
 私がユニットリーダー研修に参加したのは9年前のユニットリーダーになったばかりの頃でした。ユニットケアについての理解が浅く、「ユニットケアとは?」「マンツーマン入浴は何が良いのか?」「ユニットで炊飯するのは何のためか?」など、理由を聞かれた時に、どう答えれば良いか、自信がありませんでした。
 ユニットリーダー研修では、ユニットケアにおける理念“暮らしの継続“の大切さ、24時間の暮らしを見つめることの大切さを学ぶことができ、また、24Hシートを活用することで、その人の暮らしを知ることの大切さを学び、個別にケアすることの根拠を深く理解することができました。
研修参加後には、「ユニット職員にこうやって伝えればいいのだ。」と言い切れる自分が居ました。確実に研修前よりも自信を持つことができました。また、自施設の課題がはっきりと分かり「やらなければ。」と気合が入りました。
 現在も課題はあり、悩んだときには研修を振り返り、目指すべき方向性を確認しています。
 ユニットリーダー研修は、ユニットケアの学びを深めさせてくれると同時に、自分自身に自信とやる気を与えてくれました。私にとって日々の原動力となっています。

ページトップへ