「百歳はミラクルパワー」(特別養護老人ホーム白駒の森 牛山 祐加) 「季節を感じて」(特別養護老人ホーム白駒の森 山崎 幸)

2020年11月4日 更新

著者リーダー 牛山 祐加 ユニットスタッフ 山崎 幸   (社会福祉法人 こまくさ福祉会 特別養護老人ホーム 白駒の森)

エピソードその1

「百歳はミラクルパワー」(リーダー 牛山 祐加)

信州も今年の夏は暑い日が続きました。高齢者も職員も熱中症には細心の注意を払いました。

7月のある日の早朝、百歳のAさんが脳梗塞を発症、もともと水分も食事も好んで召し上がる方ではなく介助にも苦慮しておりました。ご家族は「環境が変わることでのストレスよりもこの施設で最期を迎えさせたい」とのお考えでした。左マヒ、構音障害が残り、1か月以内に大きな梗塞が起きると回復は難しいと医者いわれ、必死で体調の変化を見逃さないように観察、ケアをしました。私のユニットには食事介助の方が6名います。Aさんは認知力も低下しており、食事介助も咽が多く、食べる端から食事を吐き出していました。ご家族は東京在住。何とか食べてほしい、どういうものなら食べられる? 葛藤の毎日でした。

9月に入り徐々に言葉が分かるようになり、コミュニケーションができるようになりました。正直、耳を疑いました。それだけではなく、仲良しのお隣さんが「ちょっと、見てあげて!」の声に振り向くと、ご自分で食事をスプーンで召し上がっていました。ユニットのスタッフは喜びと感動で興奮が収まらない1日でした。

左手も不自由はあるもののお隣の食事を手づかみで食べるなどが出来るようになっていました。これも少人数、固定配置のユニットケアだからできることだったと思います。

エピソードその2

「季節を感じて」(ユニットスタッフ 山崎 幸)

春は外にお花見に出かけ、夏は中庭に竹を組み流しそうめん、秋は炭火でサンマを焼いて食べたり柿を剝いて干し柿を作ったり、冬は鍋を囲んで食べたり、季節を感じながら過ごす時間が、笑顔も沢山みられ私は好きです。入居者との穏やかな時間を大切にしていきたいです。今日も干し柿をつるすお手伝いをします。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ