85歳の高齢者とWii(ゲーム)(特別養護老人ホーム かしわ園 岡村 紀子)

2021年1月5日 更新

あるユニットのお話です。

そのフロアに行くと、あるユニットの複数の入居者様があてもなくフロア内を行き来する光景が暫く続いていました。2~3か月後、そのフロアに行き来していた入居者様方の姿はありません。ユニットに行くと、一人はお部屋で真剣な表情でWiiで遊んでおり、1人はリビングの端に作られた『ソファに座ってDVDが視聴できるコーナー』でドリフのDVDをみて爆笑され、1人は廊下から見えないように新たに木製の衝立が設置された陽のあたるセミプライベートスペースのソファに横になって雑誌を片手にうたたね、と思い思いのゆったりした時間を過ごされていました。ユニットの職員が、それぞれの入居者様について再アセスメントし皆でアイデアを出し合って取り組んだ結果が見事に表れていました。

またあるユニットのお話しです。ヘルプに入っていた時のことです。歩行がおぼつかないお爺さんが「俺の番だろ?」と焦ったように私のところに来ました。ひとまずイスに座ってもらい24Hシートを見ると、話し方が質問系の時はこのように答える、強めで方言混じりの時はこう返すなど、いくつか対応のパターンが細やかに記載されており、その通りに答えると、「そうか。じゃあ大丈夫だな」と安心した表情で部屋に戻って昼寝をされました。

かしわ園には12の特養ユニットがあります。それぞれのユニットで上記のようなエピソードが沢山あります。固定配置された職員と入居者の関係だからこそ入居者が安心して生活が送れるユニットケアにこれからも施設全体で取り組み続けたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ