日々学び、アップデート(シルバータウン相模原特別養護老人ホーム 岩間 活気)

2021年4月1日 更新

私が介護の仕事を始めて約8年が経ちました。私の中では「もう8年も過ぎたの?」と思うくらいあっという間でした。
最初は資格を持っていなかったので、働きながら資格を取得できる施設を探し、有料老人ホームで働きだしました。その後、シルバータウン相模原特別養護老人ホームに入職し、ユニットケアを知りました。施設で生活しておられる方が最期までその人らしく暮らしていただくことがが何より大事であることがとても新鮮で衝撃を受けました。
そして介護は円の中心に利用される方がいて、それを色々な専門職がサポートする仕事だと感じました。ふとした時に声をかけてお話しすることで、気づかなったことや昔の話、好みなどを聞くことで、利用されている方一人一人のニーズに応えることができてくるのは、とても楽しく、日々入居者の方に学ばせて頂いています。毎日が全く同じ日というのは無く、一日一日 常に状況は変化し、新しい発見があると思います。
ユニットの職員には毎日小さな目標を持って、仕事をし、何か一つでも持ち帰ってくださいと指導しています。そのことを意識して働いていれば、仕事へのやる気、専門性を高めようという意識が出てくると思います。少しの変化に気がつける観察力や洞察力、どんな状況も臨機応変に対応できる技術や知識を養うこともできます。さらには他の職種の方との連携や同じ職場の仲間と利用されている方とのコミュニケーション能力も日々の学びの中で、向上していくと思います。

自分自身も新たな知識を取り入れ、資格などを取得することで、入居者の皆様に還元できればと思っています。入居者の方のニーズに応えられた時の笑顔や感謝の気持ちを言われたときに、自分は求められているとの手ごたえを感じることができますし、この仕事をしていて良かったとやりがいを感じます。こんなにもたくさんの「ありがとう」と言ってもらえる仕事はないと思います。その言葉を糧に自分自身を常にアップデートしていきたいと思っています。私はこの仕事が好きです。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ