思うこと、感じること(特別養護老人ホームゆめみどり 小林 翔)

2021年9月1日 更新

ゆめみどりは今年、開設から15年を迎えました。私は介護の専門学校を卒業し、ゆめみどりの開設職員として働き始めました。この15年の間に、ユニットケアを学び、私としても施設としても成長できたと感じます。
ユニットリーダー研修への参加、24Hシートの導入、職員の固定配置など、開設当初のゆめみどりでは考えられない変化があり、またその成長はユニットリーダー研修の受け入れを行うことでさらに良い方向へ推移し、職員の考え方も変わっていきました。
 ユニットケア導入以前も入居者や家族との関わり方について、施設、ユニット、職員がそれぞれしっかり考えていましたが、ユニットケアを学ぶことで入居者や家族とさらに深く関わり、寄り添う必要性を感じました。
 現在ゆめみどりでは、コロナの影響もあって入居者や家族に不安な気持ちを持ってもらわないように、工夫をしながら面会を行い、また毎週ユニット職員の方から様子をお伝えする電話をさせて頂いています。
ユニットとしても外出や買い物などの希望がある入居者に対して、どうすれば希望により近づけるのか、生活の中に楽しみを見つけることが出来るのか日々試行錯誤しながら過ごしています。
コロナだから出来ないではなく、コロナだから出来ることを考えていきたいと思っています。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ