ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

「ユニットケア研修フォーラム2016」には、1,400名近い方々にご参加をいただき、盛会のうちに閉会いたしました。ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様に、心から感謝申し上げます。「あなたのケアの原点を考える」葛城ユキさんの要介護者体験の生の話を伺い、振り返り、最後は会場全員でこぶしをあげ「介護者としての自信」を確信しました。来年度は3月8日に同様にパシフィコ横浜にて開催予定です。また、皆様とお会いできることを楽しみにしております。

  •    

申し込み方法

「ユニットケア研修フォーラム2016」の参加者大募集

【当日参加も可能です】

 事前受付は終了いたしましたが、当日でのご参加も可能です。ぜひ、パシフィコ横浜へお越しください。
 (※参加費は、当日受付にてお支払いください)

  • ◇「要介護者の生の気持ちを伺い、ケアの原点に戻ります!」
    高齢者介護にかかわる皆さん、あなたの心の奥にあるこの仕事の原動力は何ですか?悩んでいませんか?わからなくなっていませんか?
    この素晴らしい高齢者介護に携わっている、あなたの力はとても貴重なのです。今年は、一番大切な原点、忘れてはならない原点の再確認をします。
  • 舞台での事故で大けがをし、復帰が危ぶまれた中、涙ぐましいリハビリで復活を果たした葛城ユキさんをご存知ですか?
    その時の彼女、リハビリでの彼女、何が快復に結び付いたのでしょう。お話を伺います。

  • ◇基調講演・・・厚生労働省老健局 三浦公嗣局長  ユニットケアについてのお話を年1回は伺い、皆で目指すことを再確認しましょう
  • ◇勉強会・・・施設の生き残り、それは「質」です。質を高める具体的な勉強会です
  • ◇本の出版・・・施設運営のノウハウがわかる本・・・当日発売
  • ◇企業展示・・・30社予定しています。(ソフトウェア・医療機器用品・健康食品・強化磁器食器 etc)
  • 詳細はこちら
  • 詳細はこちら
  • 会場案内図

 

一足先にフォーラム受講体験 <2016>

【第1分科会】 ユニットケアの基礎を学ぶ

新人職員はこれでOK。受講していない職員・悩んでいる職員にもOK。当然、年1回の確認を取りたい方OK。ユニットケアは進化しています。今年の切り口でユニットケアを理解しましょう。いつものセンター長の厳しい喝を聞きたい人、大集合!

講師:日本ユニットケア推進センター センター長 秋葉都子

【第2分科会】 実践!暮らしを知れば見えてくる「食」と「文化」と「快適排便」
~ 腸内環境を整えて、感染症ゼロ10年の実績 ~

今、TVや雑誌等で大宣伝の腸内フローラ。その取り組みをして10年。さてどんな効果…?それは当日のお楽しみ。浣腸・摘便・下剤の使用は看護師の恥だとし、しない施設の取り組みを学びます。胃ろうで下剤使用の便秘の方が入居した時でも、浣腸・摘便・下剤を使用しない・・・。そんなことできますか?その話も聞くことが出来ます。
看護師・栄養士・管理者大集合!

座長:医療保人博愛会 理事長 江澤和彦氏
講師:特別養護老人ホーム白駒の森 施設長 澤田キヌ子氏

【第3分科会】 失敗から学んだ施設運営のマネジメントと事業戦略
~ 運営の仕組み・適正経営・人材育成・離職防止 ~

「えーっ!なんでこんな建物」建築や準備に関わったわけでもなく、突然施設長に任命された福祉素人施設長の悪戦苦闘の運営術。どんなにへこんでも立ち上がる旗振り役の管理者の実践例。人材不足・黒字経営・職員教育、悩みは尽きません。雇われ管理者だからモチベーションが上がらない方、理論だけでなく具体的なドロドロした事例のお話しします。
管理者・経営者・管理職大集合!

講師:特別養護老人ホーム高秀苑 施設長 田中智子氏

【第4分科会】 組織を強くするための「ケアの見える化・標準化」
~ ユニットケアの実践マニュアル&24Hシート作成・活用術 ~

個別ケアの根拠の24Hシートの専門勉強会。24Hシートがうまく書けない、作ったままになっていませんか。24Hシートの作成と活用は簡単ではありません。専門に学ぶこと、それが大事で、一番の近道です。それに特化したセンターならではの勉強会です。
これからの施設の生き残りは質。根拠を示すケアの展開が出来ます。

コーディネーター:特別養護老人ホーム幸の郷 佐橋麻理子氏
講師:特別養護老人ホームゆうらく 薮中富子氏
講師:介護老人福祉施設花友にしこうじ 臼井晋一氏

【実践発表会】

悩んでいませんか?ユニットケアだからこそできる、他の施設の取り組みを伺い、引き出しを多くしましょう!

  • ユニットリーダーの役割・・・特別養護老人ホーム 真寿園 統括施設長 荻野光彦氏
  • 自然な看取り・・・・・・・・宮城大学 看護学部 看護課 教授 小野幸子氏
  • 地域貢献・・・・・・・・・・特別養護老人ホーム ゆうらく 理事長 山野良夫氏
  • 24Hシート・・・・・・・・・特別養護老人ホーム 美里ヒルズ 施設長 世古口正臣氏

どのセッションも専門家の座長をお呼びしています。発表に+αのコメント、それも勉強になります。

 

分科会のご案内

基調講演

【午前の部】

 
テーマ
内容
第1分科会 【勉強会】
ユニットケアの基礎を学ぶ
「高齢者施設」とはいったいどのような場所で、何を求められているのか、考えたことがあるでしょうか。高齢者施設が存在する意義と果たすべき役割から、ユニット型施設におけるユニットケアの必然性について考えていきます。
第2分科会 【勉強会】
実践!
暮らしを知れば見えてくる
「食」と「文化」と「快適排便」
~腸内環境を整えて、感染症ゼロ10年の実績~
高齢者施設で10年間感染症を発生しない・させない取組みをしている施設があります。そこには、徹底的に高齢者一人ひとりの尊厳と、いつまでも元気に暮らしが続けられる支援に基づき「究極は食」と「文化」と「排泄」に着目した、腸内フローラの状態改善への取組みにヒントが隠されていました。
第3分科会 【勉強会】
失敗から学んだ施設運営のマネジメントと事業戦略
~運営の仕組み・適正経営・人材育成・離職防止~
ユニットケア型施設がユニットケア実践に取り組む中での、失敗と挫折から、施設が勝ち残る・選ばれる施設になるための、経営再建の取り組みについて考えていきます。
第4分科会 【勉強会】
組織を強くするための『ケアの見える化・標準化』
~ユニットケア実践のマニュアル&24Hシート
作成・活用術~
マニュアル&24Hシートを作成することによる、ケアの見える化・標準化の実現について、作成のステップ・ポイント・活用方法についてお伝えします。

 

【午後の部】

 
テーマ
内容
第1分科会 【実践報告】
ユニットケア×ユニットリーダーの役割と期待
~3つの役割と期待される4つの能力~
ユニットケア実践におけるユニットリーダーは、職員と共にプレー(動作)すると共に、マネジメント(管理)をしなければなりません。ここでは、事例を通じて、ユニットケア実践におけるユニットリーダーの位置づけと役割について考えていきます。
第2分科会 【実践報告】
ユニットケア×自然な看取り
~あなたは「死」をどう受止めますか~
高齢者がいかに最期まで個として尊重され、自律した日々を送ることが出来るのか、それを考えるのはとても大切なことではないでしょうか。ここでは、ユニットケアの実践における「暮らしの継続」に視点をおき、一人ひとりの最期の時を考えていきます。
第3分科会 【実践報告】
ユニットケア×地域における公益活動
~今こそ、地域社会への貢献を~
地域といっても千差万別、それぞれに異なる地域の、社会福祉法人が取り組む地域貢献事業について事例を通じて考えていきます。
第4分科会 【実践報告】
ユニットケア×24Hシート
~高齢者の「暮らしの継続」を基軸とした、
職員の早期育成と離職防止策~
それぞれの専門職が、その専門性を十分に発揮し、チームで支えあい、働く仕組みを作り上げるために有効な24Hシートを、実践事例を通じて、その有用性を検証していきます。
全体会 特別トークセッション:葛城ユキ氏
TV収録中におきた重傷事故の経験から
『学び・実践・新たな挑戦』
~あなたのケアの原点を考える~
歌手 葛城ユキさんをお招きし、2003年10月のTV撮影中におきた重傷事故による自らの介護体験を通じて、介護・看護に対する印象や自身の思い、人としての尊厳とは何かをお話頂きます。葛城ユキさんの人生の大きなターニングポイントとなる出来事から、あなたのケアの原点を考えてみませんか。今日が、あなたにとっての“ターニングポイント”になるかもしれませんよ

 

お申し込みについて

(1)参加費

おひとり 7,560円(抄録代含む/消費税込)

※ご入金後の参加費の返金はできません。参加者の変更がある場合は、下記のお申し込みフォームよりご登録の変更をお願いします。

(2)お申込み受付

●システムによる申し込み締切

平成28年3月8日(火)

お申込みいただいた後の流れ

 

 

 

 

企業展示

企業展示も同時開催!
「新しい製品」や「技術の情報」を豊富なサンプルとともに提供します。

開催時間 9:00~17:00頃
会場場所 国立大ホール マリンロビー

企業展示会への出展、抄録掲載広告の出稿をご希望される方はこちらの資料をご覧ください。

企業展示会・抄録掲載広告のご案内(両面印刷用PDF)

お問い合わせ先

ユニットケア研修フォーラム事務局

宛先 〒105-0012 東京都港区芝大門2-3-6-401 ㈱プランドゥ・ジャパン内
「ユニットケア研修フォーラム2016 事務局」、担当:小山 
TEL 03-5470-4407
FAX 03-5470-4410

ページトップへ