常日頃ユニットケア実践のために一生懸命取り組んでいるみなさんの疑問・質問を一緒に考えていく場所として開設致しました。 今よりもっと、これからももっと高齢者施設が、入居者にとって暮らしを豊かにする場所となるために!そして、働くみなさんにとって誇りある仕事であり、誇りある職場になるために、みんなで一緒に解決していきましょう!

今回は、第1弾として、ユニット型施設における職員配置について考えていきます!

ユニットケアの特徴は、入居者10人程度のユニットに職員を固定配置することだと聞きましたが、どうしてでしょうか?

ユニット型施設が目指すケアについて確認しましょう。

ユニット型特別養護老人ホームの運営指針は、老人福祉法第33条で示されている「入居前と入居後の暮らしが連続したものとなる・・・」に表される「暮らしの継続」です。「暮らし」とは、1日1日の生活の積み重ねです。「暮らしの継続」をするサポートためには、その「1日」にケアの視点を置き、まずはその人が1日をどう過ごしたいのかを、24時間の流れに沿った詳細な情報を知ることが大切になります。その上で、自立支援の視点から自分で出来ること、サポートが必要なことを見極め、ケアを提供していくことが、私たちに求められる役割になると考えます。

情報を把握できる単位を考えましょう。

では、皆さんは、職員一人が、入居者一人の1日をどのように過ごしているのかという情報をどれくらい(何人分)覚えられますか?

ここで言う情報とは、例えば、「Aさんは、朝は○時頃に目が覚めて、その後、ベッドに30分位はごろごろしている。その後職員に手伝ってもらい、体を起こしてほしい。カーテンは着替えの後に開けてほしくて、洗面は・・・」などという24時間軸での暮らし方に関する情報です。これだけ細かな情報のため、せいぜい1ユニット分(10人程度)が頑張れる範囲ではないでしょうか。
一人ひとりに合わせたケアの実践をするためには、詳細な情報をより多く知り得ていることがポイントになります。それができる体制と仕組みが、いわゆるユニット毎の職員の固定配置になるわけです。

固定配置することの最大のメリットを考えましょう。

入居者の暮らしには、毎日いろいろ変化があります。その中でも、これから重度化した方や認知症の方が多くなる中、いかにして「いつもと様子が違う」と些細な変化に気付くことができるのか、暮らしをサポートしていく介護の専門職として、とても重要な役目となります。職員をユニット毎に固定配置し、「いつもの職員」としての存在となれば、そうした些細な変化に気づくことも出来やすくなります。

でも、固定配置にすることでの不安もいくつか・・・・

さて、職員をユニット毎に固定配置した場合、皆さんの中には、次のような心配や疑問が浮かびあがるのではないでしょうか?ここで主なものをあげてみます。

1.誰かが急に休んだらどうするの?

固定配置だからといって、他のユニットに行けないというわけではありません。隣のユニット同士、困った時はお手伝いをすることは必要です。ただし、お手伝いとは、「補助する」という意味です。基本は、自分のユニットで勤務し、一カ月の中で、おおよそ3割程度までを限度とし、シフトを組むようにすると良いでしょう。

*一律に「こうすべき!」ということは言えませんので、自施設の状況に合わせ対応を検討してみて下さい。

対応方法の例
・ユニット担当職員以外の介護長や生活相談員等が代わりに入る
・ユニットの職員が残業で対応する
・その時間帯に多く配置されているユニットから応援に入ってもらう

など

2.夜勤はどうするの?

国の基準としては、2ユニットに1名の夜勤者を配置することになっています。そうした場合、配置されたユニットではないもう一方のユニットの情報が分からず、ケアができないのでは?と思う方もいるのではないでしょうか。確かにその通りです。では、このような基準に従い夜勤をするためにはどのようにしたらよいのか・・・・です。答えは3つです。

  • 夜勤の時間を短くする(8時間夜勤)
  • 他のユニットの情報量が少なくて済む時間帯を夜勤時間にする(入居者が寝ている時間)
  • 夜勤に入る時間帯のケアを目で見てわかるように情報を整理する(24Hシート)

この8時間夜勤という働き方は、入居者の「安眠のケア」を目的としますので、可能な限り、「夕食・お休みケア・おはようケア・朝食」の時間を外した時間帯の設定とします。ただし、8時間夜勤施行には、「夜勤は月4回まで」など守るべき約束事等がありますので、その理論を理解し、地域の実情に合わせて対応することをおススメします。

3.職員の異動はさせてはいけないの?

介護職としての専門性を高めていくためには、いろいろな経験を積む必要があります。異動はどんな組織でも人材を育成するために、必要不可欠なものです。ただし、そのやり方には「なじみの関係」をこわさない配慮が求められます。ユニット内の職員は、年1回1名の交代、ユニット間の移動は、施設全体で行わず、半年くらいの期間の中で段階的に実施するなど、いろいろな方法がありますので、入居者の暮らしの継続を1番に考えた中で、各施設で検討されると良いと思います。ユニットリーダーの異動も同様といえます。

さて、いかがでしたでしょうか。みなさんの施設では入居者の暮らしの単位(ユニット)と、その暮らしをサポートする職員の配置をどのように考えているでしょう。

入居者一人ひとりの暮らしをサポートするためには、単に介護技術の習得や思いだけでは、実現させるのが難しいのが現実ではありませんか?きちんとしたケアの目的をぶれずに持ち続けること、それを実現させるための仕組みを作ること、この2つがユニットケア実現に必要な大きなポイントとなるでしょう。

ページトップへ