四條畷荘

法人名 社会福祉法人 大阪府社会福祉事業団
施設名 特別養護老人ホーム 四條畷荘
施設住所 大阪府四條畷市北出町28番1号
TEL 072-878-2651
FAX 072-863-2134
施設長 辻宅 一博
担当者 竹本 敦
連絡先 072-878-2651
HP http://www.osj.or.jp/shijyounawate/index.html
施設情報 開設年月 昭和53年11月18日
ユニットケア導入時期 平成19年12月1日
整備状況 移転新築
入居定員 120名
ショートステイ定員 10名
ショートユニットの形態  独立
本入居ユニット数 12ユニット
ショートユニット数 1ユニット
ユニットリーダーの平均年齢 35.4歳(2020年4月1日現在)
人員配置(常勤換算) 1.7:1(2020年4月1日現在)
人員配置
(常勤換算/医療職含め)
1.6:1(2020年4月1日現在)
平均要介護度 4.3(2020年4月1日現在)

施設の歴史・理念・概要など

従来型特養として昭和53年に開設しました。開設30年以上が経過し老朽化が進み、6人部屋の解消と個別ケアを進めていくことを目的とし、平成19年12月に移転新築を果たし、120名12ユニット全室個室施設として再出発しました。当施設の理念は利用者の意思及び人格を尊重し、その尊厳を守るとともに、自立支援に向けた質の高いサービスの提供を通じて、夢のある高齢社会及び人格が尊重される社会の実現に積極的に寄与することを目指します」であり、人権を尊重した支援に取り組んでいます。
当施設は四條畷市の住宅街に位置し、近くに商業施設やコンビニもあります。また、だんじり祭りや餅つきなどの地域行事もたくさんあり、入居者が地域に出向いたり施設内で交流の場を設けるなど、入居者が地域の一員として参加できるよう努めています。
職員も地域福祉推進委員会のメンバーを中心にボランティア隊を結成し、清掃活動など地域の皆様に溶け込んで活動しています。
平成27年9月から地元商店街の一店舗を借り、地域の皆様の立ち寄り所となる「四條畷荘いっぷくステーション『よろか』」を開設して集いや学びの場を提供するとともに、アウトリーチ活動によって要援護者への支援を広げています。

ユニットケアへの想い

平成19年12月に移転するまでは、流れ作業で職員中心のケアが行われていました。移転が決まってから準備室を発足させ、月1回のペースで職員が自主的にユニットケアに関する勉強会を開始、炊飯を始めるなどユニットケアの思考を開始しました。新施設への引っ越し後、何とか業務をしていたものの、日々のケアを行うことで精一杯という状態でした。「このままではいけない、ユニットケアをもっと追究し個別ケアを確立させなければならない」という思いから、ユニットリーダー研修受講者を中心とした「熱血‼ユニットケア向上委員会」を発足させ、少しずつ個別ケアを推進していく体制を整え、現在に至っています。まだまだ足りないところはありますが、入居者の皆様に満足していただき、今までの暮らしの継続ができるように努めていきたいと思っています。

入居者との一泊旅行
一泊旅行に初めて出かけました。
夕ご飯の懐石料理を
皆さん美味しそうに召し上がられました。

施設の中で地域を感じる
地域の秋祭り!
大きなだんじりの訪問があります。
男性職員も曳行に加わります。
入居者は大喜び!

暮らしの一コマ
公民館活動の「絵手紙教室」。
ご自分の作品をご家族に送られ、好評を得ました。

介護機器の導入
介護機器を積極的に導入し、入居者の
暮らしをサポートします。

ページトップへ