一人一人の暮らしに合わせたケアを目指して(介護老人保健施設きのこ老人保健施設 松原 研悟)

2020年11月4日 更新

昨年ユニットリーダー研修を受講して、私が一番印象に残っている事は、一人一人の暮らしに合わせたケアをする事の大切さです。私の研修先では、入居者の時間に合わせて食事を提供しており、起床時間もそれぞれの入居者に合わせ、また、机や椅子の高さも入居者に合わせていました。一日ユニットで過ごして、入居者も落ち着いており、時間がゆっくり過ぎていくのを感じました。やはり、入居者に合わせてケアしているからだと思いました。
少人数のユニットケアをする事で、入居者と顔なじみの関係になれます。例えば、出勤すると、ある方は、「あーさん、来てくれたんか」と言って下さいます。このような関係を持てるのもユニットケアならではだと思います。
現在、コロナの影響でなかなか外出が出来ない中、ユニットで季節を感じられるようにしたいと考え、「季節を感じられるユニットにする」という目標を掲げました。例えば、季節に合わせた花を生け、お月見には、すすきを飾り、お団子をお供えしました。入居者には、「きれいに飾っているね」と言われ好評でした。
また、夏には花が好きな方と一緒に朝顔を育てました。咲くのを楽しみに毎日水やりをして下さっていたので、花が咲いた時には、とても喜んで下さいました。
ユニットリーダーとしてこれからも、個別ケアを大切にしていき、多職種連携を活かして、入居者に合わせたケアを進め、入居者の笑顔を引き出していきたいです。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ