施設に暮らす全ての人に「当たり前の暮らし」を(特別養護老人ホームくぬぎ苑 山下 愛)

2020年8月3日 更新

ユニットケアの理念は暮らしの継続です。たとえ施設に入居したとしても、可能な限り自宅に近い環境でその方らしい暮らしを送っていただきます。

くぬぎ苑では、きれい好きな104歳の入居者が掃除を手伝ってくれています。また、ある入居者は「薄い肉じゃなくて、塊の肉が食べたい」と希望され、次の日にレストランへ行き、150gのステーキと生ビールを注文されました。その時の満面の笑みは今でも忘れません。このようなことは、私たちにとっては当たり前の日常です。

しかし、施設に入居したお年寄りはある日突然、当たり前の日常が一変してしまうのです。本来住む場所が変わっただけのはずが、暮らしぶりまでが変わってしまうのです。

ユニットケアは、「当たり前の暮らし」を守ることができます。それは、施設でのこれからの望む暮らしをしっかりとアセスメントし、24時間シートにおとしこむことで、入居者・家族のニーズに応じたケアを実践することができるからです。ユニットケアこそが、一人ひとりをみていくケアを実践する最適な介護の手法であると言えます。

施設が暮らしの場であり続ける為には、「暮らしの継続」のもと、法人理念を念頭に置き、ユニットケアの4つのポイントをおさえながら、職員全員が共通の方向に向かって進んでいかねばなりません。

これからユニットケアに取り組もうと思っている皆さん、どんな些細なことでも構いません、小さなことから、出来ることから、少しずつ取り組んでみてください!

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ