やってよかった(特別養護老人ホーム松籟荘 吉家 雅史)

2022年5月2日 更新

著者ユニットリーダー 吉家 雅史   (社会福祉法人愛正会 特別養護老人ホーム松籟荘)

コロナウイルスの蔓延による感染症対策の中で、入居者には普段の暮らしにおいて制限が出てしまいます。そんな制限な中で何が一番入居者にとって辛いのかというと『ご家族と近くで会えない』ことです。また、 ご家族にとっても同様で、普段のご様子が見えにくいと不安に思う方も少なくありません。このような状況を何とかしようと松籟荘としても工夫を行い取り組んでいますが、ユニットリーダーとして、もっと入居者のご様子を伝えていく手段はないかと考え、【ユニット通信】というものをご家族宛に送ることにしました。ユニット通信の内容は、普段の入居者のご様子や余暇活動などを、写真と文章でお伝えしていきます。私は文章を書くのがとても苦手で、「失礼があってはいけない…」と考えすぎてしま い、なかなか書くことができませんでした。締切が迫る中「本当にできるのだろうか…」と不安ばかりが募りました。そんな時、ユニット職員や多職種の方が声をかけてくれ、協力しながらユニット通信を完成することができました。あるご家族からは、「お母さんは普段こんなこともしているんですね。写真も載っているからすごくわかりやすいです。いつも ありがとうございます」というお言葉をいただきました。この言葉を聞いた時に、「やってよかった」と思えることができました。同時に、これからも継続していこうと強く想いました。 私は、今回の取り組みで改めて多職種連携の大切さを実感しました。ケアだけではなく、あらゆる場面においても連携は必要だと。そして一人では難しいことも仲間がいれば達成できることを感じました。これからも、仲間と協力し、どんな状況であっても、入居者にとって暮らしを継続していただけるよう取り組んでいきたいと思います。そして、ご家族との更 なる信頼関係が築けるよう、試行錯誤しながら取り組んでいきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ