通知表(特別養護老人ホームあすなろ 高橋 知世子)

2020年6月1日 更新施設長

平成16年4月に「おれの入りたいと思える施設を作る」と初代理事長が開設し、平成20年に亡くなるまでは、試行錯誤しながらも自由に楽しく暮らしていたように感じます。いつの間にかユニットのリビングで新聞を読み「ここは、みんな着替えてからご飯食べるんだな、おれは寝間着で食べられるが、Aさん(職員)は着替えてからご飯食べるのか?」と職員が聞かれ「着替えは出かける前です。」と答えると「じゃあ、BさんやCさん(入居者)はどうなんだろうな」と、ユニットケアの考え方を示してくれる方でした。

「施設は施設長以上のものにならない」とユニットケアの研修で聞いたとき、初代理事長の思っていた施設とかけ離れていた現状に悩んでいた私がもっとユニットケアを理解して示していかないと、初代理事長の想いに答えられないと、職員とともに、入居者が満足する施設を目指してきました。

先日、元校長先生をしておりました入居者様に、「あすなろの良いところ、ここが自慢って何だと思いますか?」と職員が聞いたところ「1、平屋で自由に動ける。2、自然環境に恵まれている。3、室(ユニット)内のコミュニケーションが良い。4、お互いの心が大事にされている。5、心豊かな職員が多い。信頼関係が強い。6、自分の生活習慣が守られている。」と書いて渡してくれました。ありがたい私たちへの通知表です。

 

(我が家の見張り番)

自然豊かな緑に囲まれた我が家の道路の向かいにある雑木林(理事長の私有地)には、春の味覚「山菜」が豊富です。たらの芽、こしあぶら、こごみ、ぜんまい、わらび等、宝の山です。ユニットのリビングから見えるところにたらの芽が見えます。「理事長がごちそうしてくれるから、お花見弁当に入れようね。」とみんなで楽しみにしていました。道路から見えるところにあるので、私有地と言うものの、勝手に取られていることも多く、見えない敵との戦いです。みんなで食べる分を確保するため、立て看板を設置したり、いつが採り頃か散歩がてらパトロールしたりと余念がありません。

ある日出勤すると、「今朝早くに、自転車停まってだっけ、赤シャツの男だった。たらの芽採られでねが?」と入居者に声をかけられました。「え!だめだ、お花見までちょっとあるけど、良さそうなの採っておかないと、なくなるね。次、怪しい人見たら、『何してだ』っておっきい声出していいからね。」と、お願いしました。その甲斐あって、たくさんたらの芽が採れたので、山菜の天ぷら入りのお花見弁当を楽しむことができました。「うめなー、自分で採りに行きでけど、採ってらの見てだから採ったようなもんだ。次はわらびだな!」まだまだ、見張りは続きます。わらびは一緒に採りに行きましょう。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ