「ユニットケアの魅力」(ユニット型特別養護老人ホーム絆の広場 施設長 佐井 健二)

2019年2月1日 更新施設長

朝ユニットを回り、「おはようございます。ご機嫌いかがですか?今日も一日宜しくお願いします」とご挨拶をすると「おはよう。あんたの顔を見ると元気が出る」とおっしゃってくれる方がいる。別の日、ご挨拶に行くと「あんた元気やったかね。2日も来んかったから心配していた」と言われた。私は「ごめんない。ちょっと出張がありまして・・・」と返事をした。

このことは、自分たちが入居者さんを見ているだけでなく、入居者さんからも私達を見てくれてい、そして、心配をしてくれている。そう感じたことの一例です。その後は、出張前に、「明日から東京へ2日間行ってきますので、留守番頼みます」と言うと「気を付けて行ってらっしゃい」という会話が増えました。

何気ない会話ですが、1つのユニットの中で〝第二のわが家″として入居者さんも職員も同じ「家族」として、共に喜怒哀楽を共有し、これまで歩んでこられた人生に寄り添いながら、最後までサポートできています。寄り添うことのできる「ユニットケア」をこれからも実践していきたいと思います。

「ユニットケア研修の魅力」(ユニット型特別養護老人ホーム絆の広場 介護リーダー 上総 沙弓里)

2019年2月1日 更新

ユニット型施設として開設してから、“ユニットケア”をやっているつもりになっていました。

私はユニットリーダー研修を受講していましたが、研修で学んだことをどのように現場で実践すれば良いのか、その手法や考え方も分からず、ただ時間だけが経過する日々を過ごしていました。

そんな中、法人として「実地研修施設を目指す」という大きな目標が発表されました。

これを機に、私もユニットリーダーとして、“ユニットケア”をもう一度学び直そうと意識を高めました。テキストを読み返し、推進センターの様々な研修にも参加をしてきました。その結果、繰り返し学ぶことで、“ユニットケア”の理念や目指すことを振り返ることができました。そして、そこから、施設全体で「今の自分の施設に何が足りていないのか」を考える取り組みを始めることができました。

取り組みを始めると、「自分が変わることが小さな取り組みになり、それが次にはユニットの取り組みに広がり、やがて、施設全体での取り組みに反映される。」という変化が、目に見えてわかるようになりました。そして何より、入居者の表情や言葉、ご家族からの言葉が大きく変わりました。

入居者からは「ここが好き」「一緒におってよ」との親しみのある声が聞けるようになり、ご家族からは「元気になった」「家みたいですね」などの言葉や手紙が届くようになり、やりがいを肌で感じられるようになりました。いまでは、その積み重ねの結果「実地研修施設」になることができました。

“ユニットケア”を通して、施設や職員、入居者、家族の成長や喜びを自分自身が体験できます。この、体験を通して学んだことを活かし、これからも「ユニットケアの魅力」を広めていきたいです。

理想だけではなく、経験を学べる研修(特別養護老人ホーム四條畷荘 介護主任 竹本 敦)

2019年2月1日 更新

この研修を受講したのは2年前でした。

前年まで同法人の従来型施設で働いていたため、当時の私は、ユニットケアは聞いたことがあるけれど実際はどのようなものなのか分からないまま、知ろうともせず、ただ漠然と、「ユニット型施設とは個室があり、そこで個別ケアが行われている」という程度の知識でいました。

そんな中、ユニットリーダー研修を受けることになった私は、ユニットケアを学ぶことへの期待と同時に、「理想論ばかりの研修だろう」という気持ちを心に抱えたまま、座学に参加しました。

研修が始まるとそんな考えは直ぐに吹き飛ばされました。講師の方々は、実際に現場でユニットケアを実践している方ばかりで、どうすればいいかの方法論だけではなく、ユニットケアを実践してきたことでの成功事例や失敗談、またその失敗をどのように乗り越えてきたのかを伝えてくれました。その1つ1つがわかり易く、自分の経験と重ねて合わすことができ、解決策を考えるヒントをたくさんもらうことができました。さらに、この研修はグループワーク中心の研修のため、他施設の方々と共に学び、普段の思いや悩みをみんなで共有でき、色々な刺激をもらうこともできました。

この研修は私にとって、介護のプロとしてどうあるべきかをもう一度考えさせてくれ、また、同じ志を持った仲間と出会うこともできた、とても意味のあるものになりました。

これからも、皆さんと一緒にユニットケアへの学びを深めていきたいです。

1 / 212

ページトップへ