鶏が先か、卵が先か (特別養護老人ホームかざこしの里 施設長 仲村 茂樹)

2019年4月1日 更新施設長

 平成12年(18年前)に介護保険法が施行され、新たなユニット型特養が国に認知されました。(入居前から継続する暮らしと、入居者一人ひとりにあわせた個別ケアを大切にする)ユニット型特養は何ができるのだろうか、(国、地方も含め)それぞれの特養がその可能性を追求した期間であったろうと思います。
 かざこしの里は介護保険制度が始まった5年後に開設し、この14年間、ユニット型特養だからできる支援を模索しながら歩んできましたが、その歩みには、日本ユニットケア推進センターとの出会いがとても大きかったと考えています。ユニットケアの理念に基づいた体系的な理論を学び、研修を繰り返すことにより「あなたらしく暮らせるところあなたと共に創ります」という施設理念を具体化し、かざこしの里らしい、地域のみなさんに選んでもらえる特徴ある施設になってきたと思っています。
 介護業界の人手不足が年々深刻になってきており、職員の不足をタイムリーに補充することが難しい状況が続いています。地域から選ばれる施設であると共に介護を目指す者からも選ばれる施設である必要があります。「ユニットケアの理論」に則ったケア(支援)を大切にし、「理念」に基づいた入居者の暮らしを中心においた、(ルーティン業務に陥らない)職員が誇りの持てるケアを目指すことが職員採用にあたっても大きなメリットになっていると感じています。「鶏(職員採用)が先か、卵が先か」という言葉がありますが、まずは、ユニットケアの理論に基づいた実践を行うことが必ず職員採用にも良い影響を与えるものと思っています。

人のあたたかさが伝わる研修~ユニットケア研修の魅力~ (特別養護老人ホームかざこしの里 生活相談員 日下部 寛)

2019年4月1日 更新

 私は介護の仕事を始めたばかりの頃に、ユニットケアについて書かれた本を読んだことがあります。その時が私にとってユニットケアの初体験であり「こんなケアをしてみたい。」と思い始めるきっかけになりました。  
 縁あって、ユニットリーダー研修の実地研修施設でもある「かざこしの里」で働くことになり、初日にユニットで入居者の暮らしぶりや職員の動きを見学しました。30分も経たないうちに激しい衝撃を受けたことを今でも忘れません。「自分が今まで考えていた個別ケアって何だったんだ?これは魔法なの?」と、思わずにはいられませんでした。その後、施設内研修を受け、ユニットケアの理念や24Hシートを使用した個別ケアの方法を学び、再び強い衝撃を受けました。その2つの出来事が、ユニットケアを「もっと学びたい!」という気持ちを高めさせてくれました。
 ユニットリーダー研修を受講した際、ユニット型施設ではあるが、本来のユニットケアを行えず、悶々としている受講生が多くいらっしゃいました。研修の中で様々な課題を一緒に考え、話し合い、励まし合うことができる仲間を見つけられた研修は、これまで出会ったことが無く、貴重な経験となりました。
 研修では、今抱えている課題を何とか解決したいと思っている受講生に対してその期待に応えようと、ユニットケアの理念、成功例や失敗例をわかりやすく、また、実地研修でも丁寧に指導される講師との関係がとても熱意に満ちたものに感じました。
ユニットケア研修の魅力は、入居者の「暮らし」にどう寄り添っていくかを、真剣に悩み、思っていることを語ることができる受講生と講師の人間性がぶつかり合う、「人のあたたかさが伝わる」ところにあると思います。そんな魅力的な研修に、1日でも長く携わり続けることができるよう日々学んでいきたいと思います。

ユニットケアに出会って (特別養護老人ホーム梨雲苑 副施設長 朝野 真紀子)

2019年4月1日 更新

著者特別養護老人ホーム梨雲苑 副施設長 朝野 真紀子   (社会福祉法人 梨雲福祉会 特別養護老人ホーム 梨雲苑)

 私は居宅ケアマネジャーとして勤務していた時に、利用者が自宅から介護施設に入居されて支援が終了するという経験を何度もしました。居宅ケアマネジャーの役割は、「介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるように支援すること」であり、施設に入居されればその時点で本人やご家族とのつながりは無くなり、私にとってその方は「施設の人」になってしまった…という気持ちでいました。
 しかし昨年、特養で勤務することになりユニットケアに携わったことで、施設は「もうひとつの我が家」であり、そこでは「暮らしの継続」が実現できていることを知りました。居宅ケアマネジャーにとっては支援終了だったことが、その方にとっては新たな居場所づくりの始まりであり、施設にとっては暮らしの継続の支援の始まりであることが何とも言えず嬉しいような誇らしいような気持ちになったことを覚えています。
 ほとんどの人は自宅での生活・介護を望んでいながらも、様々な事情から最後の選択肢として施設に入居することが多いのが現状だと思います。そんな状況であってもユニットケア施設とその理念が一筋の光となって新たな暮らしを照らすことができ、そんな施設が身近にあると知ることで、在宅生活を継続する上でも大きな道標になっていけるのではないかと感じています。

1 / 212
  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ