晃の園

法人名 社会福祉法人 駿河会
施設名 特別養護老人ホーム 晃の園
施設住所 〒421-1311 静岡県静岡市葵区富沢1542-39
TEL 054-270-1210
FAX 054-270-1253
施設長 芳澤 ひろ子
担当者 海野 やよい
連絡先 054-270-1210
HP http://www.surugakai.net/hikari/
施設情報 開設年月 昭和63年4月1日
ユニットケア導入時期 平成13年4月1日
整備状況 改築
入居定員 150名
ショートステイ定員 20名
ショートユニットの形態  独立
本入居ユニット数 7ユニット [+準ユニット6(12名) + 1ユニット(16名)]
ショートユニット数 1室(20名)
ユニットリーダーの平均年齢
人員配置
(常勤換算/医療職含め)
1.75:1 (平成27年2月現在)
平均要介護度 3.74 (平成27年2月現在)

施設の歴史・理念・概要など

晃の園は創立20年を迎える特養を軸に居宅部門を運営する高齢者施設です。人は誰もが歳をとり、やがて病気や障害で介護が必要になります。「今までのように自分らしく我儘に。」「誰からもやさしく接してほしい。」「家族と共に…友人とも会いたい」「街に出たい、美味しいものも食べたい。」…この利用者の熱き想いに私たちはどれだけこたえられるでしょうか。「尊厳を守りゆとりある生活を共におくる」を理念として、今、私たちは「ユニットケア」により人間らしく安心して暮らせる「生活」の場づくりをしています。

ユニットケアへの想い

晃の園がユニットケアを実践する過程で重視した取組は、ユニットケアの認識の底上げでした。職員の数だけ介護の認識がありました。意識改革が必要でしたが、意識の高低ではなく、職員が共有すべき意識は何なのだろうかと焦点を絞りました。まず、利用者は単なる「入居者」ではなく「生活者」であるという意識を深める。その意識を基に職員・家族・地域社会との関わりを、施設サービスの中でどのように作り上げていくのかという点です。利用者との関係性に目を向け、利用者との距離感を縮めることで『生活者への生活支援』という施設サービスを、展開することを実践の土台としてきました。ケアの中に生活を取り込む苦労から、生活の中にケアを取り込むことへの意識改革で、支援する楽しみが生まれました。みなさまの『今、持っている時』を大切に日々実践に励みたいと思います。

住まいとしての晃の園
【家事を一緒に】食事の準備や片付けを利用者様と一緒に行ないます。

暮らしの一コマ
【中庭で収穫】野菜や果物など、実りの季節は収穫が楽しみ。

地域の中の晃の園
【教室の開催】フラワーアレンジメントなど地域の方を講師に迎え各種教室を開催します。

利用者と職員の様子
【一緒の空気を感じる】天気の良い日に庭に出て利用者様と一緒の景色や空気を感じています。

ページトップへ