“ユニットケアの魅力を自分の言葉で伝えること”(特別養護老人ホームくぬぎ苑 松尾 和代)

2020年8月3日 更新

著者ももサブリーダー 松尾 和代   (社会福祉法人櫟会 特別養護老人ホームくぬぎ苑)

くぬぎ苑に入職する前は、山口県にある子供病院内の肢体不自由児入所園に勤めていました。従来型一律一斉ケアで、そのようなケアが当たり前だと思っており、何の疑問も持たずに、日々、業務をこなしていました。

くぬぎ苑に入職し、ユニットケアとはじめて出会い、7年が過ぎた2019年、ユニットリーダー研修を受講させていただきました。

3日間の座学では、日々、気付きや学びが多く、受講生の方々との情報交換は新鮮で、「皆さん、それぞれ同じような悩みを持っているんだ、自分だけではないんだ。」と思い、勇気と元気を与えてくれました。さらに、「ユニットケアとは?」を再確認でき、あらためてユニットケアの魅力を理解することができました。介護の仕ことをするうえで、この研修が私にとってのこれからの大切な道標となりました。

指導者・講師の方々は、テキストだけの進行ではなく実際に困っていることや、ユニットケアができない等の意見に対して、こと例や実体験を交え、「はじめから上手くいかないことの方が多いかもしれませんね!小さなことでも良いので、できることから始めましょう」と、分かりやすく丁寧に伝えてくれました。

私は、ユニットリーダー研修で学んだことを踏まえ、ユニットリーダー研修生や、高校等の実習生が実地研修に来られた際は、少しでもユニットケアの魅力を自分の言葉で伝え、同じ思いを持つ仲間を一人でも多くつくっていきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ