ユニットケアに出会って(特別養護老人ホームメープル 髙坂 哲子)

2022年2月2日 更新

著者ユニットリーダー 髙坂 哲子   (社会福祉法人メープル 特別養護老人ホームメープル)

私は介護とは別の医療系の仕事をしていましたが、介護の職に就きたいと思ったのは、お世話することが好きだったこと。祖父母が大好きだったこと。出来ないことを手伝うと「ありがとう」と言ってもらえたことがとても嬉しかったからです。

以前は老健で勤務していましたが、結婚を機に自宅から比較的近い施設で勤務しています。介護職として8年目でユニットリーダーを任され、現在もユニットリーダーとして、そして今年度から実地研修受け入れ担当としても奮闘しています。

当施設は従来型の特養でしたが、ユニットリーダー研修の実習施設で、実際にユニットケアをしている姿を見て、職員にバタバタ感がなくゆったりと支援していること、入居者の生きがいを見いだし尊厳に配慮していること、統一したケアができていることに驚きと感動を覚えました。実践してみて大事なことは、ただ言われたことや感じたことをそのままやるのではなく、根拠を持ってやることの大切さを知りました。

紆余曲折はありましたが、10年かかって当施設でもユニットケアを学ぶ実習生を受け入れる施設となり、ユニットケアをする前と比べ職員のモチベーションが上がり、統一したケアができるようになりました。また、実習生と共に一緒に学び共感し、多くの仲間が増えたことがなによりです。

福祉関係に限らずコロナ禍で制限されることが多い中でも、日々何かしら進化していると思っています。今後も多方面からの情報を収集しながら、今までと変わらない暮らしが続けられるよう、新たな取り組みも考えながら支援していきたいと思います。さらに、より多くの仲間が増えるよう発信していきたいと思います。

2 / 212
  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ