【自分も利用したい施設作り】と【暮らしの継続】を意識したケア(特別養護老人ホームケアステーション藤が原 山岸 充枝)

2022年8月1日 更新

当法人の理念の1つに【自分も利用したい施設作り】があります。私の人生、職業のほとんどがサービス業でした。介護歴も20年ほどありますが、どうしても4年以上は1つの施設にとどまることが出来ず、当施設に入職してからも「定年までいられるかな?」と思っていたのは事実です。
ただ当施設がユニットケアを取り組みはじめ、受け入れ施設となった今、なぜこんなに長く勤めてこられたのか?それは(仕事が)面白いからです。テーマパークのような面白さではなく、自分たちの取り組みがすぐに反応として返ってきて結果が見られ、また改善していこうという気持ちがエンドレスに続くことが面白いのです。「自分だったら、こうしてもらえると嬉しいな」と、いつも考えながら入居者と関わっています。新人職員や中堅職員にも常に「自分だったらこれでいいの?満足するの」と問いかけています。実践する上でのツール(24シート等)は必要ですが何より「望む暮らし」を実現する為、スタッフは些細なサインを見逃さないでいてくれています。今日は七夕まつり、短冊に「トウモロコシが食べたい」と書いてあったので、今からゆでて10名の入居者にお出しするつもりです。介護の仕事は究極のサービス業だと私は感じています。
私だったらこの施設に入居しても良いかな?と少しずつ感じ始めながら定年までの時間をみんなで楽しく頑張っていけたらなと考えるこの頃です。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ